トップニュース

韓日議員、韓日関係の肯定的な転換

韓国と日本の議員は、水曜日、韓国のユン・ソクヨル大統領が執権した後、乱れた日韓関係を肯定的に変えると約束した。

ソウルで開かれた韓日懇談会で両国間交流増進を専担する日本議員たちと韓国議員らは新しい政府発足が韓米両国に向けた「出発点」になることを希望した。 より良い両国関係。

2022年5月11日、ソウルで日本議員(右)と韓国議員が与野党懇談会を持っている。 (刑務所)

ヌカが福士郎元財務上兼自民党代表は「岸田文夫首相はコロナ19ファンデミックで中断された両国間交流をさらに促進することを目指すだろう」と話した。 全幅的な支援」を目指している。

キム・ジンピョ韓日議員連合会代表は「両側間の「各種関心事」が「雪が溶けるように」解決されることを願う」と話した。

チョン・ジンソク国会副議長は2002年韓日ワールドカップ20周年を記念するため、今夏の日本参議院選挙が終わった後、両国議員がサッカー大会を開催しようと提案した。 両国が主催します。

2017年から執権したユン前大統領の前任者ムン・ジェイン政府下で展示労働など日本の1910~1945年朝鮮半島植民統治による紛争で韓日関係が梗塞された。

日本議員らは、火曜日、ユン首相の就任式に岸田特使を派遣した林吉正外務相と一緒に出席した。

岸田首相は、林との会談でユン首相に送った書簡で両国関係の改善を促し、ユン首相のリーダーシップに大きな期待を表し、ユン議員は「早い時期に会いたい」と話した。

日本内で岸田首相は韓国の公約に懐疑的な自らの党員から圧力を受けています。 彼らは、日本があまりにも和解として認識される可能性のある措置を講じてはならないと言います。

佐藤正久自民党外務課長は水曜日、東京で開かれた党会議で「政府は韓国が日本が収容できる解決策を提示するまで待たなければならない」と話した。

佐藤首相は「多国籍会談で雑談を控えて日韓首脳会談をしてはならない」とし「バラ色の日韓関係が来るという妄想を捨てなければならない」と話した。

2019年12月以降、韓日首脳間対面会談はなかった。


関連する適用範囲:

韓国の新しい指導者は、早い日に日本首相に会うことを希望すると声を出します。

韓国の倫理が執権し、非核化北朝鮮に助けを提案

日本外務相、次期韓国外務相、関係回復の約束


READ  Japan Airlines、Dittoを使用してインターネットに接続せずに機内注文を正常に完了

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close