世界

韓米、対北朝鮮ミサイル8発発射

合同参謀本部によると、合同参謀本部は「北朝鮮がいろいろな場所で発射したミサイルを挑発しても(韓米両国が)保有している能力とすぐに正確に攻撃する準備ができています」

合同参謀本部は北朝鮮が15日、朝鮮半島東海上で短距離弾道ミサイル8発を発射したと明らかにしました。 朝鮮半島だけでなく国際社会も同様だ」と話した。

ミサイル交換は、北朝鮮が地域で挑発を強化することによって行われます。 懸念 北朝鮮が核実験を準備しているということだ。
これはまた、5月10日、ユン・ソクヨル韓国大統領が就任した後、ソウルで北朝鮮の挑発に対する口調が変わることによるものでもある。 強硬な立場を強調 対話と平和的和解を推進した文在寅元大統領の脱北と韓国の軍事力強化に対する熱望。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、記念日の演説で北朝鮮の挑発に対して「固くて断固として」対応すると明らかにした。

北朝鮮の日曜日の発射は、尹総長就任後3番目で今年で17番目だ。

平壌(ピョンヤン)の以前の打ち上げは、ジョーバイデン米大統領がアジアの巡方を終えて帰国した5月25日に行われた。 バイデン元副大統領の訪韓には、米国大統領と韓国のバイデン元大統領が前任ドナルド・トランプ政権で中断された合同軍事訓練の再開と潜在的な拡大について議論を開始することに合意したソウル訪問が含まれた。

米国と韓国も5.25北朝鮮のミサイル発射に対応してミサイルを発射した。 韓国は月曜日の発射を含め、2017年以降中断されて以来、今年3回反撃に乗り出しました。

両側でミサイル発射は武力の誇示とみなされ、特定の目標を目指したものではありません。 通常、ミサイルは海に着陸します。

最近、北朝鮮の発射は、韓国と米国の海軍が日本沖縄海域で3日間の連合訓練を終えて1日で行われたと韓国軍がCNNに確認した。

岸田文雄日本首相も北朝鮮の今回の打ち上げは明らかな国連決の違反だと強く抗議した。 北朝鮮が撃った銃弾は日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落ちた。

米国インド太平洋司令部公報部は、日曜日、北朝鮮の様々なミサイル発射に続き、米軍と日本の自衛隊も合同訓練を実施したと明らかにした。

米軍と日本軍は、「日米同盟の地域脅威対応態勢を示すため、両者間の弾道ミサイル防衛訓練」を実施したと述べた。

合同参謀部は今回の訓練で「弾道ミサイル脅威に対処するための日本と米国の緊密な協力を見せ、日米同盟をさらに強化する準備態勢を再確認した」と話した。

東京でCNNのBlake EssigとEmi Jozukaがこの話に貢献しました。

READ  インドのヘリコプターの墜落唯一の生存者は、国家が犠牲者を嘆いている間に彼らの人生のために戦う。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close