韓米日、北朝鮮の核実験疑惑に高位級会談を開催

0 min read

チョ・ヒョンドン韓国外交部第1次官(左から2番目)が林義正日本外務相を接見した後、ウェンディ・シャーマン米国外交負傷(右)、森武雄(左)外務省第1負傷と記念撮影をしている。 火曜日に東京で。 (日本外務省)

北朝鮮の核実験の可能性が懸念される中、韓米日高位外交官が水曜日地域及び世界安保懸案について協議する予定だ。

チョ・ヒョンドン韓国外交部第1負傷が13日、東京でウェンディ・シャーマン・森武雄・日外交長官と3国会談を持って北朝鮮の進化する脅威に対処する方案を議論する予定だ。 近年、弾道ミサイル発射。

今週の会議は金正恩政権が近いうちに別の核実験を強行し、追加挑発を敢行するだろうという推測が蔓延した中で出た。

ソウルの管理者たちは、秘密裏に北朝鮮が2017年9月以降、最初の核実験のためのすべての準備を終えたように見えると述べた。

去る6月ソウルで第2外交3者会談が開かれた。

火曜日、朝長官はソウルに対する拡張抑制に対するワシントンの公約に焦点を当て、シャーマンと一対一協議をした。

チョ長官は同日、森首相と別途の量子会談で展示強制徴用問題など相互関心事について長年の紛争を議論し、「緊張感とスピード感で」互いに協議することにした。 (連合)

READ  日本のマウイ文化協会、弾力性上で10の賞を受賞
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours