韓米日、北核実験を行うと類例のない対応警告

Estimated read time 1 min read

東京、10月26日(ロイター) – 米国、日本、韓国が水曜日に北朝鮮が7次核実験をすれば「類例のない」規模の対応が保障されると警告した。

米国と同盟国は、北朝鮮が2017年以降初めて核実験を再開できると信じています。

チョ・ヒョンドン外交部第1負傷は東京で開かれた記者会見で「北朝鮮が7次核実験を強行すれば前例のない規模の対応が必要だと共感した」と話した。

チョ長官は、森武雄外務省の負傷、ウェンディ・シャーマン国務省次官補と共に韓米日外交担当者に演説した。

シャーマン長官は「北朝鮮がこれ以上の挑発を控えるよう促す」とし「これは地域を非常に不安定で無謀にするものだ」と述べた。

彼女は国連安全保障理事会で北朝鮮の支持者である中国とロシアに薄いメッセージを送りながら「北朝鮮の核実験のようにここで起こるすべてのことは全世界の安全保障に影響を与える」と話した。

「私たちは、安全保障理事会の全員が核兵器を使用すると、世界が驚くべき方法で変わるという事実を理解することを願っています。」

中国とロシアは2006年、北朝鮮が核実験を始めて以来初めて今年、米国主導の安保理追加制裁に拒否権を行使した。

北朝鮮は今年前例のない速度で武​​器試験を行い、日本上空を飛行した1発を含めて20発余りの弾道ミサイルを発射した。

韓国の軍事活動に憤慨した平壌は、先週、韓国の近隣諸国に対する重大な警告と呼ばれる数百の砲弾を海岸で発射しました。

去る9月、USS Ronald Reaganと同行する艦は、2017年以来初めて米国空母を対象とした合同軍事訓練で、北朝鮮の弾道ミサイル試験発射に対応して韓国軍と合同軍事訓練を実施しました。

これに対し、森長官は、米国、韓国、日本が協力を深めることを約束したと述べた。

森首相は「韓米日同盟と韓米同盟の抑止力と対応能力をさらに強化し、3国間の安全保障協力をさらに促進することにした」と話した。

中国と台湾の緊張が高まると、シャーマンは台湾の独立を支持しないが、台湾が自らを保護するために日本や韓国と協力することを妨げないという米国の立場を繰り返した。

「米国は、我々が台湾の独立を支持しないことを公に繰り返したが、我々は平和が保証されることを望んでいる。すべてのことを行います。自分自身を守ることができます。」とShermanは言いました。

今月共産党会議で習近平中国国家主席は世界レベルの軍隊を建設しようとする中国の計画を加速するよう促し、中国は台湾問題を解決するために武力を使う権利を決してあきらめないと述べた。

中国は民主的に台湾を自分の領土と主張する一方、台湾政府は中国の主権主張に強く反対し、島の2300万人口だけが台湾の未来を決定できると言います。

東京都清橋の報告、ソウルのシン・ヒョンヒ、チェ・スヒョンの追加報告。 投稿キム・チャンラン; サイモンキャメロンムーア編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の低インフレ謎東アジアフォーラム
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours