頭蓋骨のような火星岩がインターネットの興奮を引き起こす

1 min read

NASAのキュリオシティローバーが火星で撮影した魚骨の形をした岩は、インターネット上で興奮を引き起こし、一部のインターネットユーザーはこれを「龍の骨」といたずらに呼んでいます。

岩石は近年、火星のゲイルクレーターでローバーによって撮影されました。 構造は一連の棒のように見え、その地域のいくつかの岩の側面に沿って水平線に並んでいます。

宇宙生物学者ナタリー・カブロール(Nathalie Cabrol)は、Twitterで「火星研究の20年間私が見た中で最も奇妙な岩」と述べた。

カリフォルニアにあるNASAジェット推進研究所のAndrew Good氏は、「Fox Newsに言った。風が鉱物以外のすべてを侵食しました。」

NASAの火星キュリオシティローバーにはイスラエル技術が搭載されています。 (出典:NASA/JPL)

火星で発見された「サメの歯」岩

最近数日間、ローバーが撮影した追加の写真は、フィンやサメの歯のように見えるフィンをキャプチャし、キュリオシティと一緒に働いている研究者チームは、ローバーのセンサーを使用してその地域のベースガンを研究すると述べました。

READ  日本、拾いを本土野生に戻す手続き開始
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours