理科

食品ごみセメント:ジンジャーブレッドハウススタイルの建物オプション

TOKYO(AP) – HanselやGretelなどのジンジャーブレッドハウスを夢見たことがありますか?

近い将来に食べられる家はもはやおとぎ話の中でしか見られません。

東京大学研究員の小田町田と柳哲也は、食用ゴミを建築用に使用できる食用「セメント」に変える技術を開発しました。

食物ごみでセメントを作る世界初の工程です。 研究者たちは、製品の引張または曲げ強度が一般的なコンクリートのほぼ4倍であると言います。

町田と堺は、埋立地に埋葬され、腐敗時にメタンを放出する生ごみに関する問題を軽減し、地球温暖化を減らすのに役立つことを願っています。

産業科学省の教授である坂井は、セメントベースのコンクリートに代わる持続可能な材料を研究しながらこの技術を開発しました。 シンクタンクのチャタムハウスによると、セメントの生産は世界の二酸化炭素排出量の8%を占めています。

彼はまず粉砕された木材粒子を熱圧縮してコンクリートを作る方法を開発しました。 乾燥、粉砕、圧縮の3段階プロセスは、Amazonで購入できるシンプルなミキサーとコンプレッサーを使用して行われました。

堺は生徒町田と一緒に食べ物ごみで同じことをすることにしました。 セメントを作るために生ごみを使った以前の実験では、材料が互いに付着するようにプラスチックを混ぜる必要がありました。

数ヶ月間の失敗の後、彼らは使用された温度と圧力を調整してセメントを組み合わせることができることに気づきました。

堺は「最も困難な部分は、食品のごみの種類によって温度と圧力が異なるという点でした」と語った。

建設中の食品廃棄物を使用する他の実験は、主にコーヒーの残渣やバイオ廃棄物などの材料を一般的なコンクリートの充填剤として使用することに焦点を当てています。

SakaiとMachidaは、茶葉、オレンジ、タマネギの皮、コーヒーの残り、白菜、さらにお弁当箱の残りの食品を使用してセメントを成功させたと言います。

彼らは様々なスパイスで味を調整し、セメントの色、香り、味がかなり魅力的であることを発見しました。 食材を食べることができるためには、彫刻で粉砕し、煮込む必要があると堺は言った。

セメントを防水し、げっ歯類や他の害虫が食べられないようにするために、日本のラッカーでコーティングすることができます。

食物ごみは、日本はもちろん世界中で大きな問題です。 日本は2019年に約570万トンの食用食品ごみを排出し、政府は2030年までに約270万トンを減らすことを目指しています。

町田家という会社を始めました。 (株)パブーラ 昨年、幼馴染の二人で。 彼らは他の企業と協力して、食品セメントでカップ、スザー、家具を作っています。

坂井氏は、その過程が災害に備えた食用仮設住宅を作るために使用できると言います。

「たとえば、避難者に食べ物を配達できない場合、彼らは食べ物セメントで作られた一時的なベッドを食べることができます」と彼は言いました。

食品セメントは再利用可能であり、生分解が可能であるため、もはや必要とされないときに埋めることができる。

Machidaは、「私たちの究極の希望は、このセメントが環境に悪影響を及ぼすプラスチックおよびセメント製品を置き換えることです」と述べました。

READ  SpaceX Dragon貨物船が気象遅れの後、今日宇宙ステーションを出発します。 ライブで見る方法。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close