首相補佐官「日本は出産に何の措置も取らなければ消える」

1 min read

岸田文夫首相の補佐官によると、日本は社会安全網と経済を破壊する危険がある出産率の下落を遅らせなければ存在しないと言います。

森正子は2月28日、日本が昨年出生児数が史上最低水準に落ちたと発表した後、東京でのインタビューで「このまま行けば国が消えるだろう」と話した。 「行方不明の過程を経験しなければならない人は、大きな被害を受けます。 その子供たちを悩ませる恐ろしい病気です。」と彼女は付け加えました。

昨年は日本で生まれた人より約2倍多い人が死亡し、80万人未満の出生と約158万人が死亡しました。 驚いた岸田は、予測よりもはるかに速く進行しているスライドを制御するために、子供と家族に2倍の支出を誓いました。

人口は2008年に達した1億2800万人をわずかに上回る最高値から1億2460万人に減少し、減少速度は増加しています。 一方、65歳以上の人口の割合は昨年29%以上に増加した。 韓国は出産率が低い反面、日本の人口はより急速に減少している。


長年の減少が加速し、日本の出生率は史上最低値を記録した。

出産率の問題とLGBTQの問題について、木田に諮問を提供した上院議員であり、元大臣の森は、「徐々に落ちるのではなく、まっすぐ下がっている」と述べた。 急落とは、今生まれている子どもたちが歪み、萎縮し、機能を失う社会に投げ込まれることを意味します。

何の措置も取らなければ社会保障制度が崩れ、産業と経済力が衰退し、国を守る自衛隊の新兵も不足すると彼女は付け加えた。


韓国、世界最低出産率記録再び更新

仮任期の女性の減少のために今の下落を取り戻すことは非常に困難ですが、政府は急落を遅らせ、被害を軽減するためにできることをすべてしなければならないとMoriは言いました。

北田はまだ新しい支出パッケージの内容を発表していないが、以前の政策とは「異なる次元」になるだろうと述べた。 これまで、彼は児童手当の増加、保育提供の改善、勤務方法の変化について言及してきました。

しかし、批評家は、子供がいる家庭にお金を投げるだけでは問題を解決するのに十分ではないと主張しています。 性平等に関する政府パネルの報告書は、女性の養育負担を減らし、出産後の労働力にもっと簡単に参加できるようにするなど、包括的な変化が必要だと述べた。

森はこの問題を金融、貿易、特に女性の権限付与とは別に考える傾向だと批判した。

「女性の承認と出産率の方針は同じです」と彼女は言いました。 「これらを別々に扱えば効果はありません。」


READ  グローバル経済チャート:米国の雇用が別の大規模な連邦印象
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours