トップニュース

首相:日本のカメはアメリカウサギを凌駕します。

2020年1月16日、イエメンのSanaa動物園でカメを見ることができます。 REUTERS/Mohamed al-Sayaghi

ロンドン、11月3日(ロイター速報) – 日本は利害関係者資本主義を発明したと言えます。 同社は、従業員、顧客、サプライヤー、社会、そして最後に株主である「5つの喜び」への忠誠を長く宣言しました。 近年、日本の株式の比較的低い利回りは、主に株式所有者に対するこの軽蔑的な態度に起因する。 対照的に、米国企業は株主の利益を最優先と考え、はるかに良い収益を提供しました。 米国が利害当事者資本主義に傾いた今、日本はその反対方向に向かっている。

1990年代初め、日本のバブル経済が崩壊した後、多くの産業が慢性的な過剰生産に苦しんでいました。 主な問題は、国家が企業管理のための市場が不足していることでした。 2007年に醸造業者の札幌を掌握しようとしたニューヨークに基づいたヘッジファンドのスチールパートナーズ(SPLP.N)のような海外活動家投資家は拒絶された。 スティールのビール攻勢以来、多くの日本企業が迷惑な株主から身を守るために「毒」を採用しています。

失望に陥った投資家は活動家だけではなかった。 表面的に安い評価で日本株を買収したベンジャミン・グラハムの価値投資アプローチの弟子たちは、その価値を開く方法がないことを発見した。 最悪の状況は、10年前にオプティクス社のオリンパス(7733.T)のイギリスのCEOであるMichael Woodfordが、同社で大規模な詐欺を発見した後、取締役会全会一致で解任されたときでした。 多くの外国人のために、オリンパスのスキャンダルは日本のInc.に間違ったすべてを示しました。

しかし、質の高いガバナンス問題は、日本の資本主義の特定の強みをぼかした。 株主価値を追求するために、多くの西欧企業は労働コストの低い地域、特に中国への生産を海外に移転している。 これらのいわゆる「プラットフォーム会社」は、株主に驚くべき収益を提供し、これらの収益を金融工学として活用した。 しかし、その過程で製造ノウハウを失い、あまりにも多くの借金をすることになった。 対照的に、日本企業は負債を大幅に返済し、コア製造技術を持っています。

今、西欧は中国に対する信頼を失い、日本はより魅力的に見え始めました。 Milestone Asset ManagementのAlexander Kinmont氏は、「中国にとって悪いことは、日本、特に人民共和国への事業移転を警戒していた日本の小規模企業にとって良いことだ」と述べた。 日本は依然として物事を作っているだけでなく、全固体電池や水素燃料電池を含む先進技術も多く保有していると彼は主張します。 たとえば、Toyota Motor(7203.T)は、Tesla(TSLA.O)よりも多くの米国電気自動車特許を持っています。

投資への深い献身は、日本企業に一定の回復力を提供します。 かつて強力だったコダックはデジタルカメラの出現から決して回復されなかったが、日本の富士フイルム(4901.T)は医療電子製品のサプライヤーとして首尾よく再誕生しました。 オリンパスでさえ、その不名誉から回復しました。 スキャンダルの後、会社は 赤字カメラ事業を折る 有益な手術機器に集中するために、過去10年間でシェアが毎年25%以上増加しました。

多くの日本企業が優れた技術を持っているという事実はニュースではありません。 新しい点は、日本産業が株主にとってより友好的であることであり、これらの変化は当局の強力な支持を受けています。 2014年、東京証券取引所は、ファンドマネージャーが顧客の利益を最優先にするスチュワードシップコードを採用しました。 1つの即時の結果は、ほとんどの日本企業が毒を取り除いたことです。 翌年、日本はイギリスの株主に優しい支配構造コードから大幅に借り入れた新しい企業支配構造規則を導入しました。

ほぼ同時に、大規模な国策年金投資基金は低金利の日本国債に投資し、義務を果たすことができないという結論を下しました。 そのため、このファンドは株式に投資し始め、現在日本株式市場の約8%を所有しています。 Kaname CapitalのToby Rhodesは、GPIFが株主の収益を改善するためにファンドマネージャーを雇用して株式を議決することを観察しました。 「年金基金の介入のおかげで、人々は日本で初めて自己資本コストについて考え始めました。 静かな革命が起こっています。」

変化の兆候は豊富です。 交差持分は引き続き解消されています。 Dai-ichi Life(8750.T)と住友三井金融(8316.T)は、これらの株式の売却から得られた収益を株式の購入に使用しました。 自動車部品メーカーであるDenso(6902.T)も自社株を購入しています。 日本企業は、利益のより多くの部分を所有者に返しています。 一部の企業は収益を上げるために債務を負っています。 7-Eleven事業を所有している小売業者Seven&i(3382.T)は、最近米国コンビニエンスストアチェーンSpeedwayを210億ドルで買収するために負債とリースバックを使用しました。

企業活動家は、Steel Partnersの日よりも歓迎されています。 産業財閥東芝(6502.T)がヘッジファンドと密着している。 9月にニューヨークに拠点を置く活動家であるElliott Managementは、同社の多くの株式を買収したと述べた。 東芝が非公開になる可能性があるという市場噂もあります。 今年の初め、独断的な投資家であり、政府全体の官僚だった吉村村上は、日本のアジアグループを支配し、日本初の敵対入札に成功しました。 遅いですが、確実に企業管理市場が浮上しています。

資本には実際に費用がかかることを経営陣が認識するにつれて、自己資本利益率(ROE)が高くなりました。 これまで、すべての利益は、企業がコストを削減し、他の効率性利益を抽出した後、より高い利益から来ています。 難しい部分です。 ただし、自己資本利益率(ROE)は、低コストの負債を買収するか、収益性のない事業を売却することによってより容易に高めることができます。 改善の余地がたくさんあります。 日本の鉄鋼産業とセメント産業は統合されていますが、ビール、食品、医薬品を含む他のいくつかの分野はまだ急落していません。

アメリカ人株主対日本株主資本主義は、ウサギとカメの伝説的なレースに似ています。 米国企業は何十年もの間この競争をリードしてきました。 しかし、利害関係者の資本主義の多くの要因に対応し始めることによって、彼らはカメの速度に遅くなる危険があります。 一方、日本企業はもっとウサギのようになりたい。 これらのどれも株式市場で割引されません。 米国の株式は現在、日本の株式よりもはるかに高いバリュエーションで取引されています。 日本の株式市場の一部、特に小型株の価値は完全に安いです。 カメに賭ける。

フォローする @Breakingviews Twitterで

Rob CoxとKatrina Hamlinの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  僧侶たちが日本のESG負債を持続可能な投資ブームに引き上げます

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close