香港、日本への入国禁止解除要請、6万人旅行者の影響

Estimated read time 1 min read

香港、12月29日(ロイター) – 香港は、金融ハブから出発する旅客機が指定された4つの空港にのみ着陸できるようにするCOVID-19制限を撤回するよう求めた。この決定は約6万人の乗客に影響を与えると言いました。

インド、イタリア、台湾、米国は、先月、北京が中国本土全域で感染の急増を煽る厳しいゼロCOVIDポリシーを解除することを決定した後、中国から来た旅行者に対して義務的なCOVID-19テストを要求します.

700万人を超える人々が居住する香港は、1日約2万件のコロナウイルス事例を記録していますが、木曜日に3年ぶりにCOVID抑制を解除しました。

香港の人々の最高の目的地である日本は、金曜日から香港、マカオ、中国本土から東京の2つの空港と大阪、名古屋へのフライトを制限すると述べました。

今回の決定は1月21日から始まる雪の連休を控えて旅行繁忙期になされたものだ。

政府は水曜日遅く発表した声明で「2022年12月30日から2023年1月末まで約250便の香港出発便が影響を受け、約6万人の乗客に影響を与えると把握される」と明らかにした。

市指導者ジョン・リー(John Lee)は、政府が日本に失望感を示したと述べた。

「私たちは香港の人々がこれら4つの空港だけでなく使用することを許可されるべきだと思います」とLeeは言いました。

木曜日香港政府は、日本が過去7日間に中国本土に搭乗した乗客がなければ、北海道、福岡、沖縄にも香港から出発する旅客機の着陸を許可すると明らかにしたが、その条件は「不合理だ」と述べた。

政府は、香港航空会社のフライトがまだ日本空港から香港に乗客を乗せることができると政府が明らかにした。

声明では、香港の旗艦航空会社であるキャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways) (0293.香港) 2023年1月に予定された日程より20%減った週65便に減っても、日本へのフライトを運航し続けると明らかにしました。

キャセイパシフィックが所有するHKエクスプレスは、別途の声明を通じて縁石のため日本目的地への定期便を1週間に60便のみ運航できると明らかにした。

Hong Kong AirlinesとPeach Aviationは、ルールのためにいくつかの飛行路線をキャンセルすると述べました。

12月に中国は世界で最も厳しいコロナ19封じ込め体制と広範なテストを解体し始め、打撃を受けた経済を来年完全に再開できるようにしました。

広範なデモによる縁石の解放は、COVIDがほとんど制御されずに広がっており、おそらく毎日何百万人もの人々に感染していることを意味するといくつかの国際保健専門家は言った。

Farah MasterとTwinnie Siuの報告。 Lincoln FeastとStephen Coatesの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  インド予算の期待:インフラの推進、雇用、改革
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours