香港「愛国者のみ」選挙、歴代最低投票率でムサン

Estimated read time 1 min read

香港 – 国家安全保障の圧力で野党民主党議員を投票用紙から除外した香港の「愛国者専用」地域選挙では、多くの有権者が非民主的な世論調査と見なされる投票を拒否し、投票率が27.5%で史上最低値を記録しました。

2019年の最後の選挙から投票率が急落したのは、中国が反対意見を弾圧するために使用された全面的な国家セキュリティ法を実施し、民主党やその他の進歩主義者を排除するために選挙システムを整備した後に発生しました。

依然として地域政治に参加している数少ない民主党員の一人であるレモン・ウォン(Lemon Wong)は「すべての人が選挙が意味がないと感じ始めたようだ」と話した。

「親既得権の支持者でさえすべて同じであるため、投票をしなければならない理由を自らに尋ねています。」

従前最低投票率は1999年35.8%だった。 4年前、香港民主化デモ当時あった最後の選挙では、激しい世論調査で71%という記録的な投票率を記録し、民主陣営が圧勝を収めた。

今回の選挙では直接選出された議席がほぼ80%減り、すべての候補者は国家安全保障アイデンティティ調査を経て両親政府委員会の指名を受けなければなりませんでした。

穏健派でさえも、いくつかの親戚を含む少なくとも3つの民主化および非親和性団体がこれらの基準を満たしていませんでした。

前例のない電子投票登録システムのエラーにより、一部の中断が発生し、最終的に手動システムに切り替えられ、投票時間は真夜中まで90分延長されました。

選挙管理委員会は今回の延長が投票率と全く関連がないと明らかにした。

10,000人以上の警察が配置され、セキュリティが守られました。 警察と市腐敗防止当局の声明によると、無効投票をするようにオンラインに掲示したり、投票を妨害するように扇動するなど、犯罪の疑いで少なくとも6人が逮捕された。

社会民主党連盟の会員3人は、選挙権と民主的権利のための「鳥籠選挙」と「大きな退保」と表現したことに抗議する計画を立てる直前に追撃を受けて逮捕されました。

警察は声明を通じて、これら3人が世論調査を妨害するために「他人を扇動」しようとした疑いで逮捕されたと明らかにした。

最近数週間、世論調査に対する大衆の支持を集めるために努力していたジョンリー香港の指導者は、1997年に中国の統治に返還された元イギリスの植民地だった香港の安定を確保する必要性を考慮して、彼らの正当性を再び提唱しました。

この候補は投票後「香港を統治する愛国者たちの原則を具現することが私たちに最後のパズルの欠片」だと述べた。 彼は、2019年の選挙が統治を妨害し、国家安全保障を脅かすために使用されたと付け加えました。

一部の西側政府は、国家保安法による香港の権威主義的な転換を批判してきたが、中国は2019年の長期間の民主化デモ以後、香港が金融中心地に安定をもたらしたと述べた。

READ  台湾の外相がオーストラリアに支援要請の中国の侵攻解決| ワールド| 最新記事
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours