世界

香港の民主派議員の資格解約欧米各国が強く非難| 香港のデモ

k10012709821_202011131228_202011131230.mp4

香港の政府が民主派議員4人の資格を解約したことをめぐり、米国やEU =欧州連合などは「一国二制度」で約束されたもの、香港の人々の権利を奪うものだ、中国の非難を強化しています。

香港の議会に相当する立法委員会では、11日、香港政府が、中国全人代=全国人民代表大会常務委員会で決定した新たな基準に基づいて、政府に反対する立場の民主派4人の議員の資格を解約しました。

これに対して、米国のポンペイオ国務長官は12日、声明を発表し、「香港人が代表者を選出には、法律で保障された権利を踏みにじるものであり、国際社会へのコミットメントを無視する中国政府の露骨な態度がさらに明らかになった “と強く非難しました。

さらに、「香港の自治と自由を侵犯する政策に関する者に責任を取った」と、さらに対抗措置をとることも辞さない姿勢を見せています。

また、EUの外交を担当するボレル首席代表も声明で「「一国二制度」の基本、香港の自治を著しく損なうものだ」と強く批判した、カナダのシャンパン外相も11日、「中国が国際的な義務に反するものの深さ失望した」との声明を発表しています。

欧米各国が非難を強化していることについて、中国外務省は「中国の内政問題だ。他の国がとやかく言って干渉する権利はない」と強く反発しています。

英国政府、中国大使に懸念伝達

英国政府は12日、英国駐在の中国劉暁人大使を呼び出し、深い懸念を伝えました。

ラブ外相は声明を発表し、香港返還時、中国との間で確認された共同声明に違反するものと強く批判した後、国際的なパートナーと一緒に、中国の義務を履行するよう求めていくとします。

また、英国政府は、関係者への制裁を検討していることを明らかにしたしました。

中国劉大使はTwitterに投稿議員資格の取り消しは、中国の内政問題だとした後、「どの国も、この問題に介入する権利はない」と反論した。

蚊外相「非常に深刻な問題に残念」

香港の政府が民主派議員4人の資格を取り消すさせたことについて、蚊外相は衆院外務委員会で、「香港の一国二制度の下で民主安定的に発展していくことが重要である。このような考えに逆行する動きが、今国会で行われていることは非常に深刻な問題であり、残念である」と述べた。

READ  イスラム分離主義との戦いマクロンは「極右」や「植民地主義者」もない| この量| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close