経済

香港の自由について警告する日本最高の銀行家

中国、香港取り締まりで、日本の金融会社は、「非常に恐れ」、都市に残っているか再考するとした高位銀行家月曜日業界内でまれに公然と懸念を表明した。

日本最大のオンライン証券会社を運営する金融大手SBIホールディングスの北尾吉高代表はフィナンシャル・タイムズに「自由がなければ、金融事業がない」と自分の会社を、中国南部の都市で得る計画だと述べた。

彼は新聞に他の日本企業も同じように考えているが、そのように公然と言う意向が少ないと述べた。

「彼らは私異なります。 私は非常に率直な人です。 しかし、他のすべての人々は、満腹に香港にもはや投資したり、引越しをいくべきだと思います。」とKitaoは月曜日に発表されたインタビューで語った。

中国は2019年に巨大で、時には暴力的な民主化デモがあった後半自治香港で反対意見を鎮圧するために苦労しています。

それは多くの反対を犯罪化した都市の大規模な国家安全保障法を課すし、すべての政治家候補者の “愛国心”の新しい規則を制定する予定です。

中国の高位の指導者はまた、香港が地域ビジネスのハブとしての地位の重要な要素である都市の独立司法の「改革」を促した。

多くの国際的なビジネスの挨拶は、北京と複数西側諸国が、香港、中国の計画について争いを繰り広げながら、会社が炎に陥ることができると個人的に心配しています。

しかし、昨年の時価総額が59億ドルであるKitaoだけ公に発言した人はほとんどいません。

新聞とのインタビューで、Kitaoは事業環境が中国本土とほとんど変わらない場合家賃が悪名高い都市、香港に滞在が合理的であるかについて、企業が疑問を提起していると述べた。

「中国でビジネスをしたい場合は、北京や上海またはどこかにオフィスをおきたいと思います」と彼は言った。

彼はSBIの100人、香港運営のための可能な位置に、上海(またはライバル、シンガポール)のような都市を探していると付け加えた。

Kitaoは特に香港が「金融機関の良い場所ではなく、「理由の北京の保安法を述べた。

SBIホールディングスのToshiki Aoyamaスポークスマンは、Kitaoのインタビュー発言を確認したが、香港での移住が迫っているという考えを力説しました。

AoyamaはSBIが、以前に保安法に対する懸念を表明しており、以前の「検討」していると述べた。

「しかし、我々はまだ研究段階にあり、まだ具体的な計画が決定されていません。」と彼は言いました。

Kitaoの発言は、北京とよく似合いそうではない。

中国の指導者たちは、国際的な企業が香港での取り締まりを妨げるか、または有利な市場で凍りつくリスクを取ることを期待すると明らかにした。

保安法を公に受け入れ、中国と香港で最も収益を創出するHSBCは、最近の金融ハブでの地位を強化する計画を発表しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本のPMシュガー:大流行の医療システムを保護するためにあらゆる手段を尽くします| 世界| ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close