トップニュース

馬場・おしだ、日本がイランに完勝

菅田裕太郎(Suda Yutaro)は土曜日、セビオ・アリーナ仙台(Xebio Arena Sendai)で開かれた2回の国際親善試合でイランを82-77に切り、日本に20得点、馬場ユダが19得点を追加した。

NBAフォワードルイ八村と渡辺ユタなしでプレーするトム・ホバスの新しい姿の日本チームは先月インドネシアで開かれたFIBAアジアカップグループリーグでイランに88-76で敗れたことを復讐した。

Akatsuki Fiveはすべての休憩に先んじていましたが、ハーフタイムに33-24に遅れた後、強度を高めたイランチームとの熱い後半戦に耐えなければなりませんでした。

日本ガード馬場ユダが2022年8月13日、仙台ゼビオアリーナで開かれたイランとの国際親善試合2クォーターでゴールに向かってドライブをしている。 日本は82-77で勝利した。 (刑務所)

チームが最終チャンピオンであるオーストラリアに8強で敗れ、アジアカップを終了したHovasseは「新しいメンバーが多くできてまだ完璧ではないが、みんなが頑張っています」と話しました。

「アジアカップ以来徐々に発展することが目標だったけど、かなり良い試みだったと思います」

3回アジアカップチャンピオンイランは4クォーターの最後に1回に詰まったが、日本は1分19秒を残して80-74で同点を作った井上相一郎を含め、連続クラッチバスケットを打って先頭を守った。

Swingman Mohammad Jamshidiが26得点の試合を記録し、訪問者をリードしました。

チームは日曜日に同じ場所で再会します。

READ  東京オリンピック、海外のファン禁止を発表する予定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close