経済

駐日アメリカ大使、中国経済降圧警告

東京 – 日本駐在米大使は、火曜日のAP通信とのインタビューで、米国が経済力を利用して全世界に政治的変化を起こそうとする中国の努力に対応するため、日本や同様の考えを持つ他の国々と協力していると述べた。

以前、シカゴ市場でバラク・オバマ大統領の秘書室長を務めたラム・エマニュエルは、米国と日本が互いに類似した安全保障を持って事業をすることを熱望するという考えである「商業外交」を推進しています。 コロナ19ファンデミック、ウクライナ戦争、中国経済の降圧による不安の中で安定した国家と国家。

「知的財産権の盗難から中国が生み出した強制、負債依存に至るまで、中国が実際に正直に言うことができるという考えは「私たちは強要しません」 そうすれば、1つも、2つも、3つにもなりません。 Emanuelは、東京の市内中心部にある彼の邸宅でのインタビューで、「ある国の政治的変化を強制するための経済的市場へのアプローチ…誰もがそれについて目覚めていると思います」と述べました。

1月に日本に到着したEmanuelは、中国の希土類金属出荷を領土紛争で遮断した日本を含む、中国のいくつかの降圧事例を提示しました。 米国ミサイル防衛システムを設置しながら中国企業のボイコットを経験した韓国。 オーストラリアそしてヨーロッパと東南アジア諸国。

中国の経済的重要性と海外支出の増加は、中国が伝統的な影響力の分野で戦略的、政治的影響力を高めていると懸念している国々を揺るがした。

中国は、港湾、鉄道、その他のインフラをアジア、アフリカ、中東全域でヨーロッパに建設することで貿易を拡大するための「一対一のイニシアチブ」を通じて、途上国の最大の融資機関の1つとなりました。 これにより、中国政府が負債を政治的影響力を得るために使用しているという非難が提起されたが、中国管理者はこれを否定している。

中国は、域内包括的経済連携協定(Regional Comprehensive Economic Partnership)という貿易グループを含め、中国主導のイニシアチブを受け入れるために、他の政府に圧力を加えることにさらに断固たる。

エマヌエルは、日本と米国が中国の経済的降圧に対処する方法を探すことが日本の外務大臣に提起した最初の問題の1つであると述べた。

日本は中国が領有権を主張する日本領有権も近隣を含め、域内で中国の活動増加について深い懸念を表明し、台湾海峡の平和と安定を促した。

エマヌエル首相は、日本の岸田文夫首相が国防予算と軍事力の両方を「かなり増額する」という公約を高く評価しました。

日本の国家安全保障戦略と基本防衛指針を修正しようとする岸田の試みは、彼の売派的指導者であり、7月に暗殺された安倍晋三元首相の遺産だ。

岸田首相はまた、反対者が主張する先制打撃能力の開発に対して開放的だと明らかにした。 反対者は、これは武力の使用を自慰行為に制限する日本の戦争放棄憲法をはるかに超えていると言います。 岸田首相はまた、今後5年間で日本の国防予算を大幅に増加(NATO基準のGDPの2%まで可能)することを提案しました。

エマヌエルは次のように述べています。 日本は過去にはなかった方法で出なければなりませんでした。

Emanuelはまた、電気自動車のバッテリー、エネルギー、小型モジュール式原子炉の新しい研究と技術、航空技術、半導体の分野で日本と米国に経済的な機会を述べました。

彼が日本大使として出会った財界指導者たちは、過去には純粋に費用、物流、効率性を考慮して資本支出の決定を評価したが、現在は制裁や不安定を避けるために、より多くの費用を支払う容疑があると述べた。

「それは考えの重要な変化です」と彼は言いました。

「過去20〜30年間、コストと効率は原動力でした。 彼らは公共政策を主導し、企業決定を主導した。 今日、コストと効率は安定性と持続可能性に置き換えられています。」とEmanuelは言います。

———

北京のAP記者ジョー・マクドナルドがこの報告書に寄稿しました。

READ  日本の生涯雇用vs。 台湾の労働移動

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close