駐日ウクライナ特使、展示大使としてオールイン

Estimated read time 1 min read

東京のウクライナ大使館の内壁に掛かっているのは、書道で漢字文字のように見えるように製作された戦争で廃墟となった国家の紋章(伝統的に青色の背景に金色の三叉窓)を描いたものです。

2020年4月から、日本駐在ウクライナ大使のSergiy Korsunskyが、外交官の要請に応じて、彼の書道講師が作った作品の出所について話しながら活気を持っています。 彼は彼の先生が認める不規則なコミッションをスケールし、3ヶ月後に完成品を持って戻った方法を共有します。

先月、The Japan Timesとのインタビューで、彼は「本当に傑作です。 「ユニークです。 世界にダブルはない」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  NASAのArtemis 1ヶ月ロケットは重要な燃料供給テストに合格しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours