駐日ウクライナ特使、G7に核兵器を使用する脅威糾弾を促す

1 min read

エレイン嘘

東京(ロイター) – G7(G7)金持ちのリーダーは、核兵器使用の脅威を糾弾し、来週ウクライナ特使広島で首脳会談を行うとき、核兵器の使用に対する「断固たる措置」を誓う必要があります。 日本に言った。

ウラジミール・プーチン大統領がロシアが「領土保全」を守るために必要であれば、核兵器を使用する準備ができていると重ねて警告し、ウクライナとの紛争が始まった後、核緊張が高まった。

Sergiy Korsunskyはまた、ロイター通信でZaporizhia原子力発電所周辺の状況が急速に悪化し、国連原子力監視責任者が週末に「潜在的に危険」であると警告した状況であると述べた。

彼は「核兵器や核テロリズムの使用を容認しないだろうし、主要強大国のほぼ決定的な行動に直面することを特にG7の中核強国から非常に明確な声明を発表しなければならない」と話した。

特使のコメントは、ロシアがナチスドイツの敗北を記念する5月9日の大切な勝利の日の休暇を控え、ウクライナの首都キエフと他の都市にドローン、ミサイル、空襲を開始しながら出てきました。

ボロドミールゼレンスキーウクライナ大統領は、1945年に世界で初めて原子爆弾が投下された広島で5月19日から21日まで開かれるG7会議にビデオリンクを通じて参加し、自国メッセージに意味を加える予定だ。

Korsunskyは「核テロの真の脅威があるとき、首脳会談が広島で開かれることが最も重要だ」と付け加えた。

彼は国際原子力協会(IAEA)と国連安全保障理事会の両方に力がないため、核安全保障とグローバル構造に関するG7会談を促しました。

彼は新しいシステムについて「おそらく追加の決定を下すべきだ」と付け加えた。

「私たちは、世界のどの国を保護するために、より大きな国際安全保障システムが必要な場合は、G7の間で合意が必要であると信じています。

ウクライナのもう一つの大きな希望は、サミットで再建するための努力について議論することです。 Korsunskyは、災害から再建する経験に照らして、日本が重要な役割を果たすことを願っています。 特に、そうするために凍結されたロシアの資産を使用しました。

去る2月、欧州連合(EU)は凍結したロシア資金をウクライナ再建に使用する方案を検討するため一時グループを構成したと明らかにした。

先週、ベルギー首相アレクサンダー・デ・クルー氏は、彼の政府がロシア資産がウクライナの戦争努力を支援するためにどのように使用できるかを検討していると述べた。

(報告:Elaine Lies、編集:Clarence Fernandez)

READ  日本、英国とアイルランドのライオンズとの最初の試合に出場
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours