駐日大使、スパイ容疑で中国に拘留された市民初めて会う

Estimated read time 0 min read

ダルミ・ヒデオ平日日本大使は先月スパイの疑いで北京当局に公式逮捕されたアステラス製馬高位職員に火曜日初めて会ったと日本政府関係者が明らかにした。

去る3月から拘禁された50代男性は健康上問題がないと関係者は付け加えた。 今回の会談は、ドルミ首相の中国任期が終わる直前に開かれ、来月金杉源氏インドネシア駐在日本大使が後任に任命された。

タルミ秀夫。 (刑務所)

これは男に8番目のアクセス権が与えられたケースであり、ダルミの最初の出会い以前は日本大使館の職員だけが彼に会うことができました。

日本政府は中国政府にこの実業家を早速解放することを繰り返し求め、彼と彼の家族に支援を提供してきました。 岸田文夫日本首相は今月初め、サンフランシスコで開かれた習近平中国国家主席との首脳会談で、この男性の釈放を繰り返し促した。

元中国駐在日本商工会議所幹部だったこの男性は日本に帰国する直前に拘禁された。 彼がどのように中国のスパイ法と刑法に違反したかについての詳細は不明です。

2014年11月、中国のスパイ防止法が初めて発効されて以来、アステラス職員を含め、日本市民17人がスパイ活動に関与した疑いで拘禁された。 日本政府によると、現在5人が拘禁されている。


関連プレス:

スパイ嫌いの日本人男性12年懲役型確定

中国、スパイの疑いで拘禁された日本人男性の公式逮捕

日本、駐米大使に山田、平日大使に金杉任命


READ  日本には価格決定力を持つより多くの「スーパースター」企業が必要です。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours