駐日米大使、中国の「偽善」非難を続ける

Estimated read time 1 min read

ラム・イマニュアル駐日米国大使は、中国の偽善と透明性の不足について中国政府を非難することを誓った。

エマヌエルは木曜日、東京で日本の最近の国防および外交成果についての演説を終えた後、「Twitterに関する限り、真実を叫ぶときに恥ずかしいかもしれない」と話し続け、「すべての」偽善と経済的降圧を非難すると強調しました。 。

米大使は外信記者クラブで開かれた記者懇談会で「中国のような超強大国、ダイナミックな国家と経済になるには透明性だけでなく正直性に対する責任もなければならない」と話した。 日本は中国がこれに対して「何度も失敗した」と付け加えた。

READ  日本のキシダは、インドを含む4カ国がウクライナへの懸念を共有していると述べた。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours