トップニュース

駐韓米軍、日本到着後にウイルス検査を受けなければならない

日本の外務省は最近、沖縄の米軍基地で集団感染が発生した後、日本に駐留する米軍が全従業員が日本に到着してから24時間以内にコロナウイルスに対するテストを実施するように要求すると金曜日に明らかにした。

政策変更は、米軍が米国を離れる前に職員にウイルス検査を免除したことについて日本から批判を受けた後に行われた。

12月初め、沖縄県にある米海兵隊キャンプハンセンで集団感染が報告された後、軍はすでに日本に来る職員たちに出発72時間前に検査を受けるよう要求した。

軍は軍用機で日本国内施設に来るワクチン接種人員に対してPCR検査免除が9月から始まったと明らかにした。

日本駐留米軍施設の大部分が位置する南都県の基地で、250人以上の人々がウイルスに感染したことが分かりました。

日本は11月末に非居住外国人の入国禁止を含む新しい措置でオミクロン変種を防ぐために国境統制を強化しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本のAozora Bank、シンガポールのベンチャー融資機関Genesisと協力

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close