驚くべきイメージで見た火星のインカ都市に散らばった不気味な「クモ」

Estimated read time 1 min read

火星には昆虫がないかもしれませんが、軌道を回る宇宙船の新しい写真には、ほこりの多い表面を通過するように見える多くの「クモ」が明らかになりました。

もちろん、彼らは実際の生きているクモ類ではありません。 むしろ、それは完全に非生物学的プロセスによって生成された火星表面の暗くて薄い特徴です。 彼らは、中央の暗い汚れが外側に伸びる細い縞模様に囲まれているのと似ているので、「クモ」と命名されました。

彼らは火星の季節の変化、極端な寒さと春の温暖化の結果として形成されます。

火星は季節を経験しますが、地球に似た軸の傾きのおかげで、その季節は私たちの故郷の惑星で経験する季節とは非常に異なります。 冬の気温 下に浸す 摂氏零下123度(華氏零下190度)ほぼすべてが停止します。

これには、地球上でドライアイスとして知られている物質の表面沈殿物を形成する二酸化炭素が含まれる。 寒い冬が春に変わり始めると、気温は暖かくなります。 しかし、通常の氷は暖かい雰囲気で溶けるでしょうが、ドライアイスは溶けません。 代わりにガスで直接昇華します。

Mars Expressが撮影した火星のインカ都市。 詳しく見ると、「クモ」が隠れているところに黒い汚れがあることがわかります。 ズーム可能な画像全体を見るには、クレジットリンクをご覧ください。 (ESA/DLR/FU ベルリン)

堆積層の底の氷にこのようなことが起こると、小さな爆発が起こるまで圧力が高くなり、火星の表面が沸騰するように爆発します。 氷に亀裂が現れ、表面の下に暗いほこりの多い物質が運ばれ、巨大な間欠泉から出るガスと一緒に噴射され、最大1キロメートル(0.6マイル)の直径を測定できる黒い汚れを作り出します。

放射状の線は実際に氷の表面の下にあります。 ヨーロッパの宇宙局のMars Express Orbiterにある高解像度ステレオカメラ(HRSC)のイメージで見ることができるのは、砂の上に散らばっているそばかすのような暗い点だけです。

微量ガス軌道線が火星表面に撮影した「クモ」。 (ESA/TGO/CaSSIS)

しかし、カラーおよび立体表面イメージングシステム(カシス)ESAのExoMars Trace Gas Orbiterに搭載されている機器は、より広い波長範囲を見ることができ、氷の表面のすぐ下の外側に放射されるクモのようなつるの手を示しています。

火星のインカ都市の新しいイメージ(上から見ると古代遺跡に似ているので名前が付けられています)は、すべてのそばかすスポットを明らかにし、温暖化によって火星の表面が目覚め始めたときにどれだけ活発に活動できるかを示しています。 春の日。

氷が飛び散ってほこりが空中に飛び散る様子がどうか想像するのはとても興味深いです。 たぶん私たちが幸運なら、 火星探検家はいつか 奇妙なエイリアンプロセスが進むシーンを家に送ることができます。

READ  Attoscienceは超伝導性の道を明らかにします。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours