理科

驚くべきハッブル宇宙望遠鏡の写真は、巨大な天体「心臓」を貫通する宇宙」剣」を示しています。

ハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3の装置で撮影した画像には、地球から約1,300光年離れているホビク – ハロ天体HH111があります。 Herbig-Haro天体は、周囲のほこりやガス雲を介して過熱されたジェットを吹き出す若い星で構成されています。 (画像クレジット:ESA / Hubble&NASA、B. Nisini)

燃える青い剣が巨大な宇宙の心を貫くような素敵な新しい写真で ハッブル宇宙望遠鏡

「剣」は、新生児の反対側極から宇宙にロケットを発射する過熱されたイオン化されたガスの双子ジェットで構成されています。 IRAS 05491 + 0247といいます。 ハッブル宇宙望遠鏡のチームによると、「心臓」は、原始性を取り囲んでいる、残りの汚れやガス雲です。

READ  50年前の今日、人々が最初に月に乗った

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close