技術

高価な日本のトースターメーカーがスマートフォン事業に飛び込む

洗練された家電製品で有名な日本のデザイン会社であるBalmudaは 発表 スマートフォンを作る計画です。 まだデバイス自体の詳細は多くないが、11月に発売されると予想される5G端末になります。 SoftBankは、キャリアモデルとして販売されてBalmudaはロック解除版も提供しています。

Balmudaは発表で、スマートフォン事業がますます商品化されているので、会社ならではの経験を提供することを望んで言及しました。 しかし、実際の製造は、Balmudaの操舵室から出てくるので、Kyoceraと電話で提携しています。

Balmudaは空気清浄機、加湿器、照明、スピーカー、炊飯器などを含む家庭用製品ラインが大幅に制限します。 最もよく知られて製品は “Balmuda The Toaster」というトースターで25,850円(約235ドルだが、 米国で$ 329にMoMa Design Storeを通じて購入可能)スチームを使用して shokupan何よりも外はカリカリしてだまされサラサラします。 ブルームバーグは、5年前に報告した 3ヶ月の待機に日本でカルトヒットを打った。

トースターがあり、トースターに235ドルや329ドルを使う人にぜひおすすめはありません、かなり優れたトースターです。 すっきりとしたデザインは、蒸気のために水を注ぐときに使用する小さなマグカップでタイマーダイヤルを回すと出すかわいい騒音に至るまでBalmudaが電話機にもたらすことができることについて多少疑問にします。 知っているときお知らせします。

READ  表情を認識ヘッドホン「C-Face "、ウェブカメラなしでビデオ会議の顔を作成 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close