高広遠道は、日本の森の中の別荘のための二重博物屋根を作ります。

1 min read

軽井沢の場所は自然の中でのコミュニティ生活を再定義

Takahiro Endo Architects Officeの軽井沢場所(Places in Karuizawa)は、以下を中心としたプロジェクトです。 再建 ~の 別荘 4家族14人。 大地は栗、モミ、層の木など広大な森の中に位置している。 日本、近所の住宅が隠された静かな環境を提供します。 この地域の所有者の長年の経験に影響を受けたデザインは、森林で過ごす時間の本質と「訓練キャンプ」に似たコミュニティの側面を捉えることを目指しています。 床面積は約200平方メートルで既存の建物を反映し、東の斜面の森との相互作用を最大化するために北から南に長く伸びています。 構造は自然の傾斜を収容し、地形に沿ったいくつかの段階からなる断層建物を作成します。 デザインにはポストピラーとスライドが組み込まれています。 アルミ 長い側面に沿ってサッシがあり、どこからでも森とスムーズにつながることができます。 広くて軽い屋根に加えられる水平力は、構造内のより小さくより堅牢な屋根によってバランスをとります。


すべての画像: 中山康宏

コンクリート階段は森の自然な斜面に沿って行きます。

家族の寝室の近くにベランダを戦略的に配置することで、リビングルーム、エントランス、テラス、洗濯物の乾燥スペースなどのスペースを変更して、さまざまな活動を促進することができます。 階段は所属感を提供し、傾斜地形に参加する機会を提供します。 階段の上に微妙に露出したコンクリートの基礎は、建物と地形の関連性を強調します。 住宅、別荘、訓練キャンプではなく、この構造は、森と一緒に時間を共有したい所有者の家族の献身を実現します。 単純なレジャースペースを超えて、所有者の家族と森の深い関係を意味するユニークな形を表します。 この提案で遠藤高広は 建築家事務所 はその場所の活動が未来世代に伝達され、より多くの経験を蓄積することができる持続的な「存在する場所」を構想します。

高広遠藤建築家事務所が日本の森の別荘のための二重博物屋根を製作しました。
広大な森の中に位置する軽井沢の場所が姿を整える

高広遠藤建築家事務所が日本の森の別荘のための二重博物屋根を製作しました。
デザインは、所有者の長い森林地帯の経験からインスピレーションを得ました。

高広遠藤建築家事務所が日本の森の別荘のための二重博物屋根を製作しました。
断層建物の階段は自然の斜面に沿っています。

READ  東京都新型コロナ新た220人の感染を確認し、200人以上は、9月12日以降 - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours