スポーツ

高木奈々と七之平太郎、1,500mのオリンピックスピードスケートスポットを予約

スピードスケート選手の高木奈々と慶太郎一野平は、金曜日の日本オリンピック予選の最後の日、北京冬季オリンピック女子1,500m、男子1,500mでそれぞれ出場権を予約しました。

高木は長野にあるM-Waveアイスアリーナで妹Mihoが1時間53分19秒で優勝したイベントで1分54秒84を記録し、2位を獲得しました。

4位のMiho TakagiとAyano Satoは、今シーズンの強力なワールドカップの成績のおかげで、すでにオリンピックの選抜を確定しました。

高木姉妹と佐藤は、2018平昌ゲームで日本の金メダル獲得女子チーム追い越しラインナップのメンバーでした。

この大会で一ノヘは男1,500から1:45:83に5,000勝を獲得してから2日で優勝した。

高木奈々が金曜日、長野のM-Waveアイスアリーナで開かれた女1,500mをスケートしています。 | 刑務所

木曜日に、スピードスケート選手Nao Kodairaは北京冬季ゲーム女子1,000mで予選を通過し、オリンピック500番目の王冠を守りました。

Kodairaは、M-Waveで開催されたオリンピック予選で1,000回の優勝に1時間14分82秒を記録しました。 彼女は2018年韓国平昌オリンピックで銀メダルを獲得しました。

35歳の選手はすでに北京行きのチケットを500ドルで予約しており、長野では長距離競技に出場していません。

1000人を準備できた”と話した。 “レース後半には速度を失わずに休むことができました。”

一方、小嶋涼太は男子1,000人で1分08秒35で優勝し、北京で自分の席を占めました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本パネル、男性専用天皇制に変えないことをお勧め

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close