高橋ゆいのIFF ATCブログ:日本での新たなスタート

Estimated read time 1 min read

IFF選手委員会のメンバーは、自分が何をしているのかについてのブログ投稿を寄稿してきました。 元日本代表チームの選手であり、ATCのメンバーである高橋結衣が現役フロアボールから引退し、日本でスペシャルオリンピックと共に働く新しい役割について話します。

みなさん、こんにちは!

私はフロアボールをするために日本からスウェーデンに渡り、ほぼ12年間のスウェーデン生活を終え、日本に戻ってきた私のすべての話を皆さんと共有したいと思います。

私は22歳のとき、より良いフロアボール選手になるためにスウェーデンに移住することにしました。 多くのアジア選手のように私もSSLで走る夢を見た。 残念ながら、SSLでプレーして目標を達成することはできませんでしたが、世界最大のフロアボール国であるスウェーデンで12年間走って本当に幸せでした。

私はスウェーデンでの生活、特にウメオ市での生活を愛しました。 フロアボールスタジアム、IBK Dalen、Thorengruppenなどの大きなフロアボールクラブがあり、フロアボール愛好家にとって素晴らしい街です。 冬には外はとても寒かったが、職場とチームの両方の人々は暖かかった。

だから都市を離れることにした決定は容易ではなかった。

しかし、結局私は日本に戻ることにしました。 理由はスペシャルオリンピックのために働くためだった。

日本のスペシャルオリンピック 日本(スペシャルオリンピック)でフロアボールは知的障害者と非障害者がチームを組んで一緒に走る「統合スポーツ」で行われる。 私の新しい使命は、日本全土にUnified Floorballを宣伝し、それに加えてUnified Floorballのアイデアを小学校の授業に適用することです。

この新たな挑戦に対抗するために、私は日本に帰るだけでなく、フロアボール選手(日本代表チームを含む)にも引退することにしました。

スペシャルオリンピック日本で私がすることは、日本全域を旅行することが少なくありません。 活動的なキャリアの間、私は練習を見逃すのが嫌だった。 私は1つの練習も、1つだけを逃したくありませんでした。 それで、現役で活動すればこのことができないことが分かりました。

引退を決めたとき、当然悲しい気持ちになりました。 フロアボールを28年、日本代表チームで18年をしたためだ。

しかし今は私の決定が正しいと感じる。 私は日本各地で新しい人と出会い、フロアボールの楽しみを共有しています。 みんながフロアボールを楽しんでいると思うと幸せです! そして、フロアボールをツールとし、知的障害のある人といない人がお互いを理解するようになります。 私が長年にわたって参加してきたこのスポーツがそのようなコミュニケーションツールになったという事実は素晴らしいと思います。

READ  日本オリンピックと世界チャンピオンの室伏高地は、父親の影響を受けてキャリア後のオプションを検討しました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours