スポーツ

高橋大輔「見ている人に伝わる演技を “/一問一答1 – フィギュア:日刊スポーツ

フィギュアスケートアイスダンスでオールシーズンカップルを結成した村元哉中(か= 27)高橋大輔(34 =すべて関西大学KFSC)組10日、千葉・三井不動産アイスパーク船橋のオープンを祝うイベントに登場して練習を公​​開した。

施設オープン(13日)に先立って、大会期間以外では初めて報道陣に教育を披露。 上下黒のトレーニングウェア姿でリフトとブーツイジュルピン段階などの動きを入念に確認した。 曲全体の練習では、リズムダンス(RD)の歌「マスク」フリーダンス(FD)の歌」とバヤモデル」を一緒に流した。

公開後の主な一問一答(前半)は、次のとおりである。

– まず、1時間30分の練習を終えて

村元(先月末、大阪で)NHK杯を終えて改善しなければならないところを少しずつ。 変えた部分もあるので。 細かいところをもう調整します。 その中コーチ(米国フロリダ州おり)ないので、二人が会話しながらの調整を本当に細かいところまで時間をかけて時間がない中でやってところ。 本当に良い練習をすることができたと思います。

高橋かなりやはり2人で動画を撮影して確認しながら。 コーチがないので、いくつかの方の助けを受けながら少しずつ調整している感じです。

– 宮本賢二さんからアドバイスを受けていた。いくつかの地図を

いろいろありましたが、スーツイジュル過程であるか、音のタイミングがずれていることが知られ、そこを調整しました。 ツイジュルの接続手順を変えたので、そこを確認受けて修正しました。

– 今日は変え部分を重点的に練習したのか

変化していない部分も試合の時によくタイミングを見なかった部分とか、細かいところでは、リズム、強さの調節、距離感などの調整が必要であると思ったので、そこの練習しました。

村元もちろん変えた部分もしなければならないのですが、その中でも「NHK杯」を終えての課題であった部分を先生がない中で、2人でコミュニケーションを取りながら。 本当に戻って一歩踏み出す方向が違ったり合わないため、改善することが部分だけでなく、プログラムを良くするために、一つ一つしている。

– 高校の選手にシングルとは異なり、難易度は再び

高橋シングルときに自分の感じで愉快な気分タイミングで滑る場合によい。 しかし、今では合わせることが重要になっており、そのようなところの難しさがありますね。 自分が良くても、相手が悪いかもしれない逆もそうで両方悪い時もあるかもしれない。

– すぐに年末全日本選手権(24〜27日、長野)がある。どのように仕上げていきますたいと思う

村元初披露のNHK杯を終えて試合に持っていき方、お互いの試合の入り方が明らかになった。 次はさんざん。 NHK杯は保存したか “安全”というクエストクエストの感じもあったのか、とも考えたので、全日本では「ミスしてもいい」程度の気持ちで存分に演じたい。

高橋NHK杯は初めてわからなくて戸惑った部分もあった。 しかし、1試合を終えた。 こんな感じで知ることができますので、不安はないですね。 いくつかの過去余裕がなく、外気か空気感、またはを出さなかった。哉中ちゃんしか目聞いたていなかった。 もちろん、それは重要なものであるが、よりゲーム全体の雰囲気を感じながら、全日本選手権で演技することができれば、さらに性能が上がるかと。 技術的な部分に関しては、今の結果を出す漢字ではないが、見ている人に伝わる演技がある場合は、将来的につながるのかなと思います。

【木下淳】

READ  岡本が最初ホームラン王カンノグァ小野2冠/ 3つのタイトルのリスト - プロ野球ライブ速報要約:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close