経済

高橋洋一の霞ヶ関時計ガソリン車を「電気自動車」に? エネルギー・環境政策をめぐる「国際社会の動向」:J-CASTニュース[전체보기]

ガソリン車の販売なくなるという話を聞いたことがあるだろう。 新車を購入しようとする人には大変だ。

これらのポリシーは、政府のエネルギー・環境政策の一環である。 エネルギー・環境政策は、国家の安全保障に関する重要政策であるが、国際社会での交渉もよく出てくる。 一方、環境主義者という集団も国際的に目立つエネルギー産業も環境派対立しているように見えますが、両者は共存共栄に見えないようにではない。

とにかくも、さまざまな意見が国内外で葛藤・協力しながら、実際の政策は行われている。 このときのポイントは、国際社会の傾向である。 これらのエネルギー・環境政策は、万人が納得することができ、同じ答えを出しにくい場合には、海外がどうなっているかどうかにおおよその方向を見ながら、進めていく。

  • エネルギー・環境政策の考え

  • エネルギー・環境政策の考え

2030年以来、どのようにするか

国際社会から見れば、温室効果ガスの排出量をどうするかということが大きな課題である。 現在では、全世界で約331億トン。 その中、中国27.5%、米国14.8%、インドの7.3%。 ロシアの4.7%、日本3.2%の順である。 上位3カ国で増加分の90%程度を占めている(2018年)。

2016年に発効したパリ協定では、温室効果ガスの削減目標について、日本は2030年までに2013年比で26%削減(2005年比25.4%)、中国では2030年までに2005年比でGDP当たりのCO2排出量を60〜65%削減EUは2030年までに1990年比で40%削減(2013年比24%)、カナダは2030年までに2005年比で30%削減、オーストラリアは2030年までに2005年比で6〜28%カットしている。 また、米国は2017年6月に協定離脱を表明しているが、2025年までに2005年比で26〜28%カットしていた。

問題は、2030年以降である。 昨年9月に行われた米ニューヨークの国連本部で「気候行動サミット」では、77カ国の首脳が2050年までに温室効果ガスの排出をほぼゼロにする目標を掲げるなど、対策強化を表明した。 ドイツなどEUは、2050年にはほぼ排出ゼロを目指す。 米中などは、首脳会談で「2050年の排出ゼロ」を表明した。

9月の国連一般的なディスカッションのビデオ演説で、中国は2060年までにほぼ排出ゼロを表明した。 残ったのは、日米された。 米国は11月3日の大統領選挙のとおり状況だったが、日本は10月26日菅義ウェイ首相の所信表明演説で、2050年の温室効果ガスの排出量実質ゼロを表明した。 これは、米国の大統領選挙の結果によっては、逆効果になるかもしれない “賭け”だったが、環境重視で、パリ協定復帰バイデン政権になるようで、「賭け」は勝った状況である。

新車販売も海外動向を参考に

日本政府は、10月26日の所信表明演説で大きな方向性を出した。 また、その方向に向かって洋上風力と水素など14の重点分野での政府の計画は、「グリーン成長戦略」に年内に発表される予定である。

その中の30年代半ばまで新車販売を電気自動車にするということも明示されているものである。 また、世界各国の規制動向を参考にしている。 英国では、2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止する。 フランスも40年までに、米国カリホリニア国も35年までに、カナダのケベック州でも35年までに、中国も35年までにそれぞれ販売禁止する方向である。

将来の技術は、誰にも読み取ることができますが、どの国でも動くので、日本でも同じように動くことになる。


++高橋洋一プロフィール
高橋洋一(高橋洋一)内閣官房参加元内閣参事官県「ポリシー工房」会長1955年生まれ。 80年財務省に入り、2006年からは内閣参事官を務めた。 07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘して注目された。 08年退任。 10年から嘉悦大学教授。 20年から内閣官房参加(経済財政政策担当)。 著書に「さらば財務省!」(講談社)、「国民はこのようにだまされやすい」(徳間書店)、「メディアと官僚の「無知」と「悪」「(産経新聞出版)など。


READ  インド、日本、情報通信分野のパートナー

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close