高齢化日本でチャンスを狙う英国広告大企業WPP

1 min read

英国の広告大企業WPP Plcは日本の縮小市場で可能性を見ており、高齢層消費者が活用できる部門だと日本事業責任者が語りました。

日本の人口は低出産を反映して継続的に減少し高齢化すると予想されていますが、4月に日本でWPPの信任CEOに就任した京都松下氏は「より多くの機会を開く」機会があると述べました。

提供された写真は、日本WPP PlcのCEOである京子松下さんの様子です。 (刑務所)

松下は最近、刑務所通信とのインタビューで「年をとったり、年をとっても物を消費しないわけではない」と話した。 「実際には可処分所得や貯蓄が多い」

WPPによると、広告会社に日本は米国、中国に続き世界3位の売上を上げる重要な市場です。 日本政府データによると、2021年の市場規模は計5兆7100億円(420億ドル)に達した。

業界はオンライン広告が23.9%を占め、新聞、雑誌、テレビ、ラジオの4つの伝統的なメディアプラットフォームが29.1%を占める劇的な変化に直面しています。

イギリスの広告代理店は、正しいマーケティングメッセージを配信することによってトヨタモーター株式会社。 そして、ソニーグループのような日本の顧客がより良いアクセスを得るのを助けることができると述べた。

日本のWPPグループ会社で約1,000人の従業員を率いる松下は「あなたが伝える内容は、実際より多くの既成世代にとって非常に重要だと思います。

彼女は「(高齢者が)支出をしないという意味ではないが、支出項目についてより選択的なもの」と付け加えた。

日本の人口は2021年に約1億2,500万人から2053年には1億人以下に落ちると予想され、高齢者は2025年には全人口の30.0%、2040年には35.3%を占めると国立人口社会保障局(National Institute of Population and Social Security)によると研究.

高齢化日本でチャンスを狙う英国広告大企業WPP

2018年に撮ったファイル写真、日本船橋で運動するお年寄り(刑務所)

みずほ銀行は65歳以上の高齢者を対象とする商品及びサービス市場が2007年62兆9000億円から2025年101兆3000億円に61%成長すると見込んだ。

松下は日本の女性ビジネスリーダーとして革新の源として職場で多様性が非常に重要であり、最高経営陣は男性中心の企業文化変化を推進しなければならないと述べました。

京ダンレン(Keidanren)として知られる日本で最も影響力のあるビジネスロビーである日本経済連合会(Japan Business Federation)は、2020年に2030年まで女性が主要企業役員の30%以上を占めることを目指していると明らかにした。

世界で3番目に大きい経済規模は、156カ国のうち全体で120位、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の2021年グローバル性別格差報告書(Global Gender Gap Report for 2021)で経済参加と機会の面で117位を占めた。しました。 報告書によると、女性は日本の上級および管理職の14.7%しか占めていません。 。

松下は「多様性をもたらす必要があります。技術セットの多様性、背景の多様性、ジェンダーの多様性、民族性の多様性などです」と話しました。


関連範囲:

FEATURE: 高齢化日本の自立を助けるショッピング「スローレーン」での生活

Elon Muskは、出生率が減少し続けると日本は存在しないと警告しました。

日本人口の29.1%を占める高齢者


READ  流行、日本のアパレル事業で勝者と敗者区分拡大
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours