トップニュース

高齢化日本の新しい燃料供給源:大人の失禁

日本、豪樹 — 日本西部海岸近くにあるこの村の公衆浴場に流れる敵は地下3分の2マイル以上の温泉で発源します。 表面から水が注ぎ口から泡を出す前に、華氏107度まで加熱されます。 これは疲れた筋肉を浄化し、しっかりと濡れるのに理想的な温度です。

しかし、ほとんどのお風呂の人々は知らないが、水を暖めるボイラーは最も不潔な起源の燃料を使用しています。 つまり、汚れた大人のおむつからリサイクルされた粒です。

急速に高齢化する日本では、赤ちゃんより年齢が多く、失禁がある人がおむつをもっと使います。 この荒野の高騰した山の重さに国がうめき声をかけて、ホウキ村はそれを減らすために努力する先駆者になりました。 都市ごみの約10分の1を占めるおむつをリサイクルすることで焼却炉に捨てられ、大気に排出物を追加したごみを専用しました。

他の多くの国が同様の人口統計的崩壊に直面しているため、大人のおむつ廃棄物は、養護老人ホームの労働力不足と資金が不十分な年金制度と並んで現れる秘密の問題です。

国立環境科学院の川井コスケ先任研究院は「考えてみると難しくて大きな問題」と話した。 「日本と他の先進国は今後同様の問題に直面するだろう」

人口10,500人が少し以上の鳥取県保木では、管理者はおむつごみが急増するのを心配し、旧焼却炉のアップグレードにかかる費用を見ていました。 彼らは、村の2つの焼却炉のうちの1つをおむつリサイクルプラントに変換し、大浴場の天然ガス暖房コストを削減するのに役立つ燃料を生産することにしました。

お風呂にはボイラー燃料のソースを宣伝するものはありません。 京都で夫と一緒に訪れた佐藤美白瀬(45)は、暑さの源を知ると慌てなかった。

彼女は、より有名な富士山と非常に似ている近くの大山山をハイキングした後、更衣室でのリサイクル努力が「私にとってはかなり良いようだ」と話しました。 「私は不気味ではありません。 良い水でした。」

おむつの挑戦は、日本のゴミの80%以上が焼却炉に行く日本で特に良いです。 他の豊かな国で — ゴミの分類へのこだわりにもかかわらず。 他のほとんどの廃棄物発生源は、日本の人口が減少するにつれて量が減少していますが、高齢者のための失禁製品は非常に増加しています。

環境省のデータによると、日本からゴミに流入する大人用おむつの量は過去5年間でほぼ13%増加し、年間ほぼ150万トンに達しました。 2030年までに、65歳以上の人口が人口の3分の1に近づくまで23%増えると予想されます。

おむつには綿パルプとプラスチックがたくさん含まれており、汚れた場合は元の重量の4倍まで膨らむので、他のゴミより燃やすにはより多くの燃料が必要です。 これは、地方自治体にとって高価な廃棄物管理費用と大量の有害な炭素排出につながる。

そして使い捨てプラスチックのような他の製品とは異なり、おむつの使用は衛生と健康管理を損なうことなく制限することはできません。

World Bankの上級都市開発の専門家であるKremena M. Ionkovaは、「カクテルの上にストローと傘を簡単に取り除くことができます」と述べた。 「しかし、おむつを取り除くことはできません。」

増加する問題を認識した日本の環境省は、昨年おむつ焼却の代替案を議論するために実務グループを招集しました。 少数の他の地方自治体はホウキに沿っておむつを燃料ペレットに変え、一部は建設や道路舗装のためにセメントと混合できる材料に変換する実験をしています。

日本最大のおむつメーカーの一つであるユニチャームは、日本南部の鹿児島にパイロット工場を建設し、そこでおむつをより多くのおむつにリサイクルしています。

リサイクルの最大の問題の1つは、介護者が他のすべての廃棄物から汚れたおむつを分離する必要があることです。 環境省のリサイクル促進と関係者は、10%未満の自治体が家庭から一般ゴミとおむつを分離することを要求すると述べた。

ホウキでは各家庭でおむつを分類しませんが、6つの療養所ではヘルパーがおむつを特殊な臭い除去袋に入れて毎週リサイクル工場に運びます。

約200人の患者のうち、10人中8人が使い捨ておむつを必要とするダイセンリハビリ病院では、レジデントは1日に約400ポンドのゴミを生産します。

最近午後、おむつリサイクル工場の従業員2人のうちの1人であるTatsushi Sakata(33歳)は、施設の後ろのコンクリートブロック収納スペースに汚れたおむつ30個が入っており、いずれも過去24時間に使用された35個の重い袋を回収しました。 トヨタのピックアップトラックはベッドに投げられました。

坂田さんは毎日ラウンドでほぼ1トンに近いバッグを集めています。 リサイクル工場では、彼と彼の同僚はTyvekボディスーツ、ゴムブーツ、ヘルメットを着用し、おむつを小さなトレーラーサイズのバケツに捨てます。 それらは350度の熱で24時間殺菌され、発酵され、かさばった汚れの重量の3分の1に減少します。 このプロセスでは、おむつは毛羽に変わり、他の機械で処理され、2インチの長さの灰色の粒になります。

仕事は栄養ウエハーが人間の有害に作られる1973年のディストピアスリラー「Soylent Green」の工場シーンを少し連想させます。 臭いを取り除くように設計されたセラミックと木炭フィルターにもかかわらず、明るいオレンジ色のスーツから大きなプラスチック製の箱でピルが雨を降り、機械で薄暗い麹と焼いた臭いがしました。

工場で10年間働いていた坂田さんは「最初は私たちが糞を扱うので少し不気味だと思いました」と話しました。 「私たちの目的は、管理できないゴミを管理可能なものに変えることです。」

ホウキ市長の桃山は、焼却場で燃料費を節約し、輸送コストを削減したが、リサイクル作業でお金を稼ぐことができなかったと述べた。 彼は、その過程について学びたい訪問者が、インドネシアやタヒチはもちろん、日本全土から来たと語った。

公衆浴場では、オペレータはバイオマスボイラーに広いプラスチックチューブで接続された大きな漏斗にピルを捨てます。 ペレットは、バスを暖めるのに必要な極端な熱を発生させるために燃やされます。 プロセスでは炭素排出が発生しますが、政府の計算によると、ペレットは以前にボイラーで使用されていた石炭や石油ガスよりも汚染が少なくなります。

「初めて聞いたときに「うーん」と思っていました。」 「しかし、大人のおむつは人間が使うものだけです」

彼は最近午後に浴場駐車場で「過去には人々が人前で野菜に肥料を与えた」と付け加えた。 汚れたおむつを燃料に変えることも変わらないと彼は言った。 「環境的に良いからいいアイデアだと思います」

READ  先天性心疾患(CHD)のアルティメットガイド

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close