高齢者のドライバーが日本のユネスコ寺院の近くで台湾の男性を襲って致命傷を負った。

Estimated read time 0 min read

79歳の男性が日曜日、ユネスコ世界文化遺産に指定された日本西部の仏教寺院である東大寺外で自分の車で歩行者2人を打ち、そのうち台湾男性1人が死亡したと警察が明らかにした。

警察は大型仏像で有名な奈良寺の正門に近づく歩行者遊歩道である事故現場で池永明長を運転中過失の疑いで逮捕した。

2024年2月25日、日本西部奈良県東大寺近く事故現場周辺で警察が情報を収集している。

警察と救助当局によると、台湾出身の男性(62歳)は脳挫傷で死亡し、日本中部長野県出身歩行者(52歳)は腰骨骨折など深刻な負傷を負ったと警察と救助当局が明らかにした。 。

近鉄奈良駅から東に約1㎞離れた事故現場は、8世紀寺院近くの人気観光地だ。

進入路でお土産屋を運営する池永はブレーキペダルと勘違いして思わず加速ペダルを踏んだと陳述して容疑を認めたと警察は明らかにした。 車両への参入は、店舗や他の地域企業に関連する車両を除き、事故が発生した地域に限定されています。

近くでお土産屋を運営する75歳の男性は、「轟音とともに車が一人の男を聞いた後、歩いていた他の男を聞いた。衝突直前には車が制御されていないようだった」と話した。 。


関連プレス:

4歳の娘に毒物投薬・中毒な親検挙

2023年東京建設現場事故重量計算エラー

日本南西部バス衝突でほとんど外国人で20人負傷


READ  米、TikTok連携承認大統領、安保確保、中国の行方が焦点 - 産経ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours