理科

黄斑変性、ARB投与で行わ予防時の機能回復の可能性 – 慶應義塾外 – QLifePro医療ニュース

時間:約 2分23秒

2020年12月14日午後12時30分

抗酸化サプリメントが一定の効果を持つが、炎症の元切断しない

慶應義塾大学は、12月10日、高脂肪食を続け摂取して作製した黄斑変性モデルマウスの高血圧の治療にも利用されているアンジオテンシンII 1型受容体拮抗薬(Angiotensin II type 1 receptor blocker:ARB)を投与し、病態の進行の予防の際の機能回復に成功したと発表した。 この研究では、同大学医学部眼科学教室坪田一男教授小澤陽子特任准教授(セントで加国際大学研究教授兼任)、永井紀博講師のような生理学教室岡野栄之教授を中心とした研究グループによるもの。 研究成果は、「Communications Biology」オンライン版に掲載されている。

画像資料より

黄斑変性は、50歳以上の1%以上で表示され、年を取るほど進行して中心視力を脅かす高齢化社会では、社会問題となる疾患。 片方の目に発症した後、年月を経て、他の目にも発症することは珍しくないし、Quality of Life(QOL)に大きく影響を得る。 滲出型と萎縮型に分けられるが、両者の根底には、すべての長い慢性炎症と酸化ストレスの悪性サイクルがあり、盗塁ジェンなどの異常な脂質蓄積による電球病変をもたらすこともある。 しかし、このような病変がなくても、網膜視細胞外節短縮したり、黄斑部の網膜の酸化ストレス作用があるルテインが減少することは、研究チームの臨床研究ですでに現れている。

この疾患の進行を遅らせるために抗酸化サプリメントがどのような効果を持つことが、すでに臨床試験で示された、その成分の一つであるルテインは網膜に抗酸化作用があることを、同じグループでも見てきた。 しかし、この方法では、炎症の源を断つには期待できず、さらなる研究が必要です。

高脂肪食を続け摂取とレニンアンジオテンシン系が関係する仮説を立て検証

一方、黄斑変性に網膜色素上皮の老化に伴う変化とマクロファージのコレステロール排出障害に関連することができていることが報告された。 しかし、その分子メカニズムは知られていなかった。

そこで今回の研究チームは、高脂肪食の継続摂取が黄斑変性モデルになるとの仮説を立て、また、それがストレス応答信号であり、メタボリックシンドロームとの関連が深いレニンアンジオテンシン系と関係する仮説を立て、その検証を行った。 また、レーニン・アンジオテンシン系コレステロール排出障害をもたらす分子メカニズムの一端を解明した。

高脂肪食を続け摂取マウス加齢黄点変性モデルとして研究に利用可能であることが判明し

高脂肪食を続け摂取は、マウス網膜色素上皮に異常脂質を沈着させて黄斑変性の特徴的な所見の一部を示し時の機能を低下させた。 また、マクロファージのコレステロール排出動作送信機であるABCA1の発現を減少させ、その結果、脂質(酸化LDL)が異常に蓄積されたマクロファージからの炎症性サイトカインの発現が増加した。 そして、このことが、上記の黄斑変性を特徴と所見を起こしたことが明らかになって高脂肪食を続け摂取させたマウスは、黄斑変性モデルとして研究に利用可能であることを示した。

ARBの効果は、ABCA1発現の維持に脂肪の蓄積とマクロファージの活性化を防止する可能性

また、ARBを投与すると、その結果がほとんど見られなくなるので、ARBがABCA1上流の信号を回復させることでABCA1の発現を維持し、脂肪の蓄積を防ぐ、大食細胞の活性化に伴う炎症性サイトカインの発現を防止黄斑変性の基礎病態を抑制することができることが分かった。

今後、人間の臨床応用のために、新しい分子メカニズムの解明が期待される。 また、研究チームは、「人間の臨床試験で進行予防効果を効率的に測定することができるバイオマーカーを確立するためには、黄斑変性、およびその前駆病変を持つ患者の基礎データを収集する必要がある」と述べた。QLifePro編集部

READ  木星とエウロパのツーショット。 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した最新の写真| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close