エンターテインメント

黒木瞳監督伊藤健太郎主演作「青少年いつでもボタンを “| Lmaga.jp

女優の黒木瞳が2016年公開「悪い女」に続き、製作した監督作「十二単衣を着た悪魔」内館真紀子原作を映画化漢作品は、就職試験も連覇中であり、優れた弟に対する劣等感がクリアできない伊藤健太郎煙青年伊藤雷(未来)が偶然に1000年前の平安時代にタイムスリップする話。

紫式部によって書かれた「源氏物語」の世界に紛れ込んだ雷は野心に燃える三吉彩花煙ホン徽殿王女(こきでんの王女)に会って、彼女に仕えるために….その言葉と生活に成長する。 11月6日に公開されたこの作品の黒木瞳監督に話を聞いた(取材は、10月28日実施)。

取材・文/田辺ゆき写真/南平泰秀

「引き受けた役割の印象が私の先入観になりやすい」

──監督作「嫌な女」は出会いが上手ではない誠実な弁護士と社交的な詐欺師と呼ばれるいとこ、そして今回は何をしてもつまずく兄と優れた弟の物語。 対照肉親というのは、黒木監督が関心を記憶素材であるのでしょうか?

そこまで意識せずに偶然です。 「悪い女」は、人生はそんなに悪いものではないという声援を映したかった。だから、心に気兼ねが皮に閉じこもるテチュコウル主人公で自分とは全く違う夏子の存在によって、心の扉を開く場所を追いかけました。

今回の作品は、主人公雷と弟水が源氏物語一宮(朱雀日本製)二宮(光源氏)の関係と重なっていくところが面白く伊藤雷が源氏という文化を体験することにより、いっそう行く。 「悪い女」、「十二単衣を着た悪魔」は、すべての人が成長する姿を描いた。

──本来の源氏物語では、弘大徽殿王女はヒルのポジションですね。

この映画を作るにおいて「源氏物語」の勉強会を演出部と行わしたが、ヒロシ徽殿王女の姿について詳細に説明していることはほとんどありません。桐壺帝の最初の妻でもありもかかわらず、悪役に書かれている。

原作者の内館真紀子氏は高校時代、そこに興味を持ったようで、実際には大変取り除き、予知に優れ心が強い人ではないかと考えたそうです。 通常、その年頃と「源氏物語」を読めば、「光源氏と近似ようだ」と考えているだけなのに。

弘大徽殿王女煙三吉彩花、伊藤雷を演じ伊藤健太郎。 (C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

──確かにそうです。

高校生の時内館さんのカロリーと愛着が膨らん小説が完成した。 源氏物語を研究していらっしゃる東北大学名誉教授・仁平道明氏も「このような解釈も面白い」と感想を持たせました。 「源氏物語」は、どのような角度からでも読み解ける。 特に内館さんの原作は、「そのような見方もあるの?」と驚きました。

──弘大徽殿王女は、表面のかかとに通っている。 しかし、雷は、彼女と接するうちに、実はそうではない認識する。 元内館真紀子氏は、原作小説を一掃するとき、映画「プラダを着た悪魔」(2006年)をヒントもしたそうで。 「他の人が持っているテーブルのイメージと裏面の本当の自分の違い」は誰にでも思い当たる話ですね。

例えば私の場合はいつも、さまざまな役を演じています。 キャリアウーマン、お母さん、コメディアン、怖くて素敵な女性などの役の印象が私の先入観になりやすい。 女優はそのようなことですね。

自分に興味深いのは、あなたがどのような作品のいくつかの駅の印象で私把握しているのかということ。 駅のいくつかの顔が私の印象を形成している。 それは俳優冥利につきます。

弘大徽殿王女ももちろん表面上は非常に強い女性だが、内に秘めた心の葛藤、母としての切なさなど、さまざまな面があることを表現しています。

READ  長さ120メートルの実物大ゴジラに円形飲みされるアトラクション「ゴジラ迎撃作戦〜国立淡路島研究センター」体験レポート - GIGAZINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close