エンターテインメント

[기린이 온다]長谷川博己「光秀の落涙 “は、もはや号泣本能寺に続く終わりの始まり? | ORICON NEWS

NHKで放映されている大河ドラマ「キリンが来る」(毎週日曜日の午後8:00総合など)。 13日放送された第36回「訣(断続)他」で明智光秀(長谷川博己)は、将軍足利義昭(滝藤健一)に決別を告げた。 光秀目線で話が行われた今回。 演出を引き受けた一色隆氏は「涙で表現された光秀の心の叫びがどのように本能寺に続く終末の開始を示唆されていくのか」となんとなく意味に言っていた。 放送で1週間のプログラムの展開」NHKプラス」で逃した視聴できる。 19日(後1:05〜1:50)に再放送もあり。

[사진]その他の写真

サムライ将軍の下に集まって、世界を平らにしなければならないという信念を持って光秀だったが、織田信長(染谷将太)が崇拝する皇帝(半島玉三郎)に興味が湧き三条西実澄(石橋レンジ)の供給に皇居に。実澄は日本に「珍しき鳥(光秀の数)花王ている」と伝える。 直接松江飛び込んだことがなかったが、皇帝との言葉を分けることができた光秀。 「静かな世界」のために進むべき道を失うがあると言うとき、皇帝は「迷わず歩いて者ではないか」と返した。光秀は信長が皇帝を崇拝することを知っているようだった。

一方、義明は剣術指南を受けることになっていた。 光秀がかかる場合太刀さばきを見ることを望む相手してくれる要求してきた。 しかし、力の差は歴然。 すると義明はムキになってて走ってきた。 光秀は避けながら、戦争が嫌だと言った会った頃義明を思い出させた。

一色氏は「前回末(門脇武器)との話で義明の葛藤と闇が描かれていたが、今回はそのような義明の変化を光秀が義明との殺陣に感じ、
最後に決裂されるものです。 白鳥和解の象徴に移し入れたが、
それを拒絶する義明信長の憎しみに自分を信じて進んできた光秀は最
大きなフラストレーションを味わうことができます。しかし、その前に一般一つ信長一つ…という過酷な選択
まで強要される。

台本に「秀の落涙 “をどのように表現するか、長谷川さんといろいろな話をしたが、長谷川さんは渾身の演技で、それに応じてくれました。そして、その演劇を受けて、滝藤さんも谷原さん(三淵藤領域の谷原章介)も良い反応とそれぞれの考えを作っていただきました。

撮影中のポイントは、信長に敵意を持つ義明と三淵は光秀の数をどのように見るか、義明に盲目的に従っていくと答えることができない光秀に何を考えているかどうか….大使はこの時代のモチーフとなる「新しい」というキーワードを使用して光秀の考えを言っていますが、一方で滝藤氏は信長の憎悪が光秀の考えに影響をレベルなどを現場で議論しながら、このシーンを作っていきました。 光秀が去った後義明は、単に光秀に共感だけでなく、決意した信長との戦いのために考えても盛り込んで戦国時代の過酷さを表現することを意識した “

信長をキャッチ “キリンが来る」と信じて猪突猛進に突進しようとする義明は、「信長の去れワシのためにそのようにしてほしい」と訴え。 「落涙」というもはや号泣しながら「それはありません。申し訳ありません」とかに消えてしまった光秀。 この決裂シーンについて滝藤は「長谷川さんの魂の叫びが聞こえて同僚俳優しか知らない時間が生まれたかのように感じました。ミチュヒデウル感じているだけで感情があふれ出て、何でも受け入れているような瞬間を経験することができました。お互いにの道を明らかにした決定的な場面でもあるので、最高の別れをしたという顔になってたらいいなと思っています」と述べた。

この時代をモチーフにした「鳥」は、皇帝と実澄が光秀を「珍しき鳥」と例えたをはじめ義明をアドバイス文を送ったことを反省信長が気を取り直してもらおうと光秀に提供することになったのが大きなケージに入った「埋め込み(久々井=白鳥)」、そして光秀と決裂した義明が目を真っ赤にしながら言ったが「十兵衛は、鳥ではバスケットから出た鳥も飛んで帰ってくるかもしれ “だった。

READ  「虹惨事FAN CLUB」の会員のための専用のチャットアプリ2020年10月22日(木)15時から配信開始! | 最初から会社のプレスリリース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close