理科

[독서 감상]認知バイアス心に隠れている奇妙なこと(1/2)

認知バイアス心に隠れている奇妙なこと(ブルーバックス)
著者:鈴木宏明
発売日:2020/10/22
メディア:新書

Kindle版もあります。

認知バイアス心に隠れている奇妙なこと(ブルーバックス)
著者:鈴木宏明
発売日:2020/10/21
メディア:Kindle版

「なぜそのそれ逃してしまったのか」「なぜこのようなものを買ってしまったのか」「なぜあんな簡単な問題が解けていないか」—誰もが日常的に経験しているよようになり、なぜ誤って認識して普段ならすることのないと判断と行動する。 それはなぜ起きるのか。 これらの通常の行動に現れる心の仕事の偏向歪みの一種である「認知バイアス」について分かりやすい事例を挙げて説明します。

認知バイアスという言葉は、一般的に時々使用されるようになってなぜかわからないが間違っていた、奇妙なことをしまったからであるかの偏向という言葉整理しようとする安易な解決も見ることができがちですが、著者は、「知識」を身体、社会的、感情、環境なども持ってきて、全体的な人間の理解を深めたい認知科学に基づいて、理論的に分析しています。 また、なぜ間違っていると、間違っことは意義があるのか​​、それが何であるかを解析します。

認知メカニズムはどのような状況で賢明な判断をするように働いている状況で、愚かな判断を生む。すなわち、人間は賢いように愚か馬鹿で賢くものであることがわかる1冊

「認知バイアス」という言葉は、非常によく聞くが、何なのか説明してくれ、とすると、「信仰による誤解と間違い……という感じかな……」という頼りない答えしか私には浮かばない。

人の判断や行動は、よく考えると全く合理的ではない場合が多い。 読者も「なぜあんな簡単なことに注意しなかったのか」「なぜこのようなものを買ってしまったのか」「なぜその仲間愚かな意見に同意したのか」などの経験は、セルないほどだろう。 もちろん私も例外ではない。 後悔に苦しんながら毎日を送っている。 また、周囲の人々の奇妙なまたは愚かな行動を満たすことができ少なくない。

通勤、通学バスや電車でこんなことを感じることはないだろうか。 「自分は常に不運である。反対方向のバス(電車)は、頻繁に来るのに、ここは常に待たなければなら」 あなたが野球ファンだという。 このことを考えたり、1ではないか。 「私たちあなたの番打率だが、最近いくつかの戦いヒットがない。今日はお尻を蹴りしてくれるだろう。」

上司から冷たい言葉をかぶったする。 すると「あいつは超有名大学出身のエリートだから」と思ったりだろうか。 日本経済の低迷を新聞で読んだならない。 それから “日本企業は、革新を起こさない他のいけない」と嘆いたりしないだろうか。 もし自分はそうでなくてもこのように感じたり、考えている人を思い浮かべるのは簡単なことではないか。

この背後にある認知バイアスが作用している可能性が高い。

このような例を挙げることができると、「認知バイアス」と無関係な人間なんているのか?と考えてくることです。
この新書では、「認知バイアス」ということを、いくつかのタイプに分け、実際に行われた実験やデータも抜いながら説明されています。

人間の「記憶」の不確実性についての話。

自動車事故のビデオを見せながら、次のその自動車が時速数キロ程度の速度であることを推定する。 このとき、ある参加者は「自動車が「衝突」したとき、時速数キロ程度の速度でしたか?」と尋ねる。 他の参加者は、「自動車が「激突」したとき、時速何キロくらいの速度でしたか?」と尋ねる。 もちろん両方の参加者も、本ビデオは同じである。

しかし、「激突」と聞いたグループは、「衝突」のグループに比べて15キロ程度の速度を高く予測される。 また、「自動車の窓ガラスが割れたか(実際には壊れ)」と尋ねると、「激突」グループの3分の1程度が壊れたと答えてしまう(衝突グループは10%強)。

ここで、後来た情報に適合するように記憶の更新が発生するものである。 時速30キロと激突は、一貫性のないギョクドルワ車が無事にも合致していない。 そのような点で記憶を再構築することである。 実際には、実験参加者は、このような意図与えているわけではなく、ほぼ自動的にそのようなことが起こってしまう。 そこが怖いところである。

大変古い実験であるが、有名なものを紹介したい。 これは、実際のTV番組を利用した2000人以上の参加者で構成された非常に高価な実験である。 プログラムの中では、廊下を歩いている女性が、突然現れた男性に突き飛ばさし袋から財布を盗む場面が13秒放送される。 その中3.5秒に犯人の顔がしっかり写っている。

この放送後、視聴者は、あなたがたが、証人であり、と言って、2分後に6人の被疑者が1-6番号札が一緒にいる写真が見られる。 そして一人ずつ明確に映った後見ての電話番号が伝わって、自分が犯人だと思っている人の数を電話に転送するように指示される。 ちなみに6人の中に犯人はいないオプションもあり、これは0の数で答えを開始した。

これは、7選択の問題であるため、任意の応答も14.3パーセントが正解である。 ところが、なんと人が正しく答え考えだろうか。 なんと正解は14.7パーセントに過ぎない。 つまり勝手に答えたものと変わりがないのだ。 また、犯人は6人に存在したが、この中にはないと答えた人(つまり0で見た人)が1/4程度も存在した。

これはどのように考えればよいのだろうか。 通常の目撃者が存在し、その人がどんな人を犯人と証言すれば、ほぼ有罪確定考えてしまうだろう。 しかし、この結果は、これらの私たちの常識を覆す。

READ  この図は何に見える? 4択でわかる「彼との間には深く行動」の診断 - Peachy - ライブドアニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close