スポーツ

[동영상]直接FKプロ23年連続弾! ジュビロ磐田MF遠藤保仁「イメージ通り」| Jリーグ| Goal.com

[J 리그 (J2) 경기 결과]明治安田生命J2リーグ第29ラウンドが10月25日に開催。 ヤマハスタジアム(磐田)はジュビロ磐田とジャスバークサブーツ群馬が対戦した。

ジュビロ磐田は25日、明治安田生命J2リーグ第29ラウンドでジャスバークサブーツ群馬をホームに迎えた。

勝てば8位に浮上することができる4試合無敗の暫定11位・岩田は今季途中18位の群馬と対戦。 8月最後の試合で2-2の引き分けを記録し、逆転を目指して試合は10月5日ガンバ大阪から期限付き移籍で加入した元日本代表MF遠藤保仁もスタメンに名を連ねた。

試合で前半02分、田中俊哉決まっ先制を奪われた岩田したが、29分に遠藤が持って生まれた技術の高さを誇示。 ボックス前中央絶好の位置でFKの場面。 キッカーを務めた遠藤が右足で直接狙うと、壁を越えてゴール右隅を保持するシュートを決め、された。

このスコアは、遠藤にシーズン初ゴール。 当然岩田加入後の記念すべき初ゴールであり、プロ初年度から継続している連続得点記録を23年に増やした。

また、76分には遠藤のパスを受けたボックスの前の右市内大貴がミドルシュートを放ち、セーブをミッキー直土プッシュ岩田が逆転。 その3分後、遠藤の縦パスをボックスで受信した山本康裕がPKを獲得してキッカールーキー安易正しく決め徐々にを広げた。 そのまま3-1で勝利切った岩田は2試合ぶりの勝利で5試合無敗で8位だった。 複数のスコアは9試合ぶりになった。

試合後のフラッシュインタビューに応じた遠藤は「最初のゴールが決まってチームも勝ち点3が取れたので、非常によかった」と勝利を喜んで得点時FKについては、次のように自信があったことを示している。

「練習の時から感じが良かったので、GKの位置もしっかり確認することができましたし、良いコースでもナルミョンヌンと思うので、イメージ通りの良いゴールだったと思います」

また、仲間との連携についても「少しずつ良い組み合わせになってきたと思うし、選手の特徴を把握してきた」と口に「より良いコンビネーションで得点を増やし良ければいい」と今後の改善を口にした。

READ  4年連続日本一の強さはどこ?元鷹コーチが説明する影のMVPと巨人が欠けていたスプリント| Full-Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close