スポーツ

[동영상]途中出場で1G1Aと逆のC大阪MF清武弘嗣。 終盤の驚くべきゴールは「丁寧に打とうと思って」| Goal.com

[J 리그 (J1) 뉴스]明治安田生命J1リーグ19ラウンドが9月27日に開催。 幼児テックスタジアム仙台でベガルタ仙台とセレッソ大阪が対戦した。

セレッソ大阪のMF清武つが、ベガルタ仙台前後のフラッシュインタビューに応じた。

C大阪は27日、明治安田生命J1リーグ19ラウンドで仙台と遠征で対戦し3-2で勝利した。 前半終了間際にブルーノ・メンデスの得点で先制C大阪は後半半ばまで西村タクシンのPKを含む2安打で一時逆転されたが、柿谷曜一朗と交互に出場した清武つ再び試合をひっくり返す。

1-2のスコアがすぐに順番を指定された清武は、まず82分、右CKの場面では、中​​央に高精度のクロスを蹴り込んでマテイよニトチの同点ゴールをお膳立て。 また、タイで試合を終えるかに見えた後半ATはボックスの左側で右足を一閃。 美しい軌道を描くシュートをファーに刺し1G1Aの活躍で連敗中だったチームを3試合ぶりに勝利を導いた。

選手が分かった時、「序盤からチームが良い流れだったので、私は締め入るのだろうかと思った」と話した清武。 しかし、「入る前にPK形で逆転されたため、再び逆転しなければアンハンダヌン心に入りました」と気持ちを切り替える必要があったことを言う。

また、同点ゴールをアシストし、右CKの場面では、「そこに近くに満ちておく(セコ)歩夢もあり、(マテイ)ヨニトペプチドおり、何かが起こるんじゃないかと思って蹴りた」と回顧した。

そして圧巻だった決勝ゴール場面。 それ以前には多少距離がある場所から左足シュートを試みたが、ゴールを外れており、そこに反省が引き立つものであったようだ。

「時間もありませんでしたそして一度タルト(坂本達裕)からボールを​​左足に少し間違えたので、そこには、スイングの瞬間に丁寧に打とうと思って打ちました」

3試合ぶりの勝利で2位を維持しているC大阪が、次の節の対決は、先頭を疾走する川崎フロンターレ。 10月3日にホームで行われる第20節に向けて、清武は「自分たちの力を試して良い機会であり、適切によく準備をして努力したい」と意気込んでいる。

J1 | 最新のニュース、ランキング、試合日程

▶Jリーグ見ればDAZNで。 1ヶ月の無料トライアルを今始め

[관련 기사]

READ  タイヤ幅の差で先着順従事スプリントでデマルイサガンとバトレリニウル行う - ジロ・デ・イタリア2020第4のステップ| cyclowired

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close