スポーツ

[동영상]鹿島アントラーズの4失点完敗の浦和レッズ、ACL、出場権獲得の可能性が消滅| Jリーグ| Goal.com

[J 리그 (J1) 경기 결과]明治安田生命J1リーグ第30ラウンドが11月29日に開催。 県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。

明治安田生命J1リーグは29日、第30節をして鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。

占めが毎シーズン要求される量のクラブが激突。 しかし、試合開始時点でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場ラインの3位名古屋グランパスの勝ち点は56であり、9位・浦和(勝ち点45)は、引き分け以下ACL巻上位3仕上げ希望が失われ状況である。

また、鹿島、勝ち点52で5位おり、まだACL出場権獲得の可能性は大きいが、上位2クラブに出場権が与えられる今季の天皇杯は、敗北した場合、2位ガンバ大阪(勝ち点58)の結果に基づいて、今節の中にも消滅することもできる。 鹿島今季唯一の可能性が残っている国内タイトル浦和は来季のアジアの戦いに向けて負けられない戦いとなった。

その前にホーム鹿島上田綺世とも、この聖真、レオ・シルバを選抜起用。 おお武監督が今季限りで契約満了を発表したばかりの浦和はレオナルドと興梠慎三のツートップと長澤和輝などを送り出している。

Goal 50発表 – 世界最高の選手のトップ50

指揮官の最後のシーズンに頑張りたいと思う浦和だったが試合に入る攻勢に出たのは、可視であった。 ゴールに迫る場面が続くと11分にエブウェラウもが左サイドからのスイングのクロスを供給。 走ってきた上田綺世が頭で先制ゴールを奪取した。

反撃浦和は床チノスの積極的な上昇とツートップの迅速な連携を生かしながらボックスに侵攻していくが、なかなかシュートまで至ら。 鹿島スペースを埋めボールリテーナは降伏が、高速カウンターで牽制を続ける。

しかし、前半終了直前には汰木康也のパスを受けた床チノスイボックスの右から左足でコースを狙ったシュートを放ったが、バーに直撃。 直後にも長澤がボックスに外れ一対一の機会を迎えたが、GK沖悠哉に勝った。

リードを守って前半を終えた鹿島後半再び攻勢に出る。 46分に三竿ケントが鋭い縦パスを通すと最前線ファンアラノイ巧妙な罠でボックスの左側に入って撮影します。 GK西川周作がセーブに上回ったが、浦和は突然当惑。

すると50分アラノでボールを渡されたオエダイボックス前中央で右足を素早く振り抜く。 鋭い姿で発射されたシュートは、GK西川が少し言及したが、演奏にゴールとなった。

その後、57分早い時間に2つの基準を敢行し汰木と長澤代わりエブウェスケルトンと武藤ゆきを送信浦和だったが流れを引き寄せたことがない。 64分アラ炉スルーパスを供給するとエブウェラウも、この完全に無料で取得します。 余裕がある状況で、GK西川とのイルデイルルル簡単制圧、チームの3点目である。

まさに浦和が選手を交換青木拓矢の代わりに伊藤涼太郎と攻撃の数を増やす。 鹿島も72分に顕著の上田が役割ごめん。 遠藤ヤスシウル発送し試合を締めかかります。

お互いの選手が変わる中、82分に可視機会。 ボックスの左側までドリブルで運んだも、このが中央に配置、レオ・シルバが確実に決定する。

試合はとげが4次第にをつけたまま終了。 この結果、天皇杯によってはあるが、浦和はリーグ上位3でACL出場権獲得の可能性が完全に消滅した。 した鹿島は勝ち点を「55」で、3位名古屋(勝ち点56)との差を「1」に減らした。

■試合結果
鹿島アントラーズ4-0浦和レッズ

■得点
鹿島:上田綺世(11分、50分)、エブウェラウも(64分)、レオ・シルバ(81分)
浦和:なし

J1 | 最新のニュース、ランキング、試合日程

▶Jリーグ見ればDAZNで。 1ヶ月の無料トライアルを今始め

[관련 기사]

READ  カズ記録更新俊介がアシスト/川崎F戦・速報の詳細 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close