トップニュース

[리뷰]「劇場版バイオレットエヴァガーデン」京アニの電力に心が揺れる – AV Watch

「劇場版バイオレットエヴァガーデン」
(C)暁佳奈京都アニメーション/バイオレットエヴァガーデン製作委員会

「劇場版バイオレットエヴァガーデン」がいよいよ公開された。 2018年TVシリーズ2019年に劇場公開された「外伝 – 永遠の自動手記人形 – 」に続く最後の章である。 公開二日目の舞台挨拶ライブビューイング上映を見に来て、まず率直な感想を言えば、この劇場版は「バイオレットエヴァガーデン」という一人の女性の一生を描い合わされたシリーズのフィナーレ飾るにふさわしい作品だった。

舞台挨拶では、石立一監督が、まず「製作中の作品が完成しかもしれません公開を迎えた今も夢のようで、観客の皆さんの顔を見て、少しずつ実感が湧いてきた」とし「(京都アニメーション)すべての従業員が一生懸命してくれた作品だとと思う」と語った。 また、京都アニメーションの作品で製作期間が最大になったことも伝えられた。

入場者特典短編小説冊子。 左から「バイオレットエヴァガーデンIf」「ベネディクトブルー近 “また巻正しく揃えたいところ

バイオレットエヴァガーデンシリーズを復習すると、幼い時から、戦場で戦って心を育む機会が与えられておらず、人の感情をよく知らなかった元少女病のバイオレットが自分を受けた関係・ギルベルト少佐が残した “心から愛する」の意味を知らなかった……そんな彼女が相手の言葉で本のを収束手紙を代筆する「自動手記人形(ぬいぐるみ)」の作品を介して人の心と出会い、自分自身も感情があることを知っていく物語。

最初は相手が言った言葉をそのままレポートのように使い果たして依頼者を損傷しまったり失敗の連続でしたが、自動手記人形を育成する学校や、その同級生兄妹の心をつなぐ手紙をきっかけに、オペラの歌詞脚本家の台本プリンセスの公開ラブレターなどを扱うまでに成長する。 人の感情と人の関係を理解し​​たバイオレットは、過去の戦場で自分の行為に悩みながらも、自分の意思で上昇、TVシリーズの最後には、「「愛してる」も少し分かるだろう」と仕上げました。

TVシリーズの1年後にとも3年後のエピソードが描かれた「外伝 – 永遠の自動手記人形 – 」では、バイオレットが教育界に派遣されて会った新しい友人イザベラに少ない時間ながら育まれた友情と血がつながっていない妹エイミーテイラーの手紙を通じて時間を超越した愛が映し出された。

劇場版では、このTVシリーズと外伝事件を通してバイオレット成長してきたのはもちろんのこと、バイオレットが自動的手記人形作品を通じて人々に与えてきた影響のすべての作中に埋め込まれており、石立監督が公開直前カウントダウンコメントに書いた「一人の女性が一生中 “愛している”という言葉は、感情についてまっすぐ生きているその姿を描いた物語」という文章で想像できる枠組みを少し超え、それ将来も接続されていることが、さまざまな視点から描かれていた。

京アニクオリティの圧倒的な雰囲気に心を揺さぶっ

描かれる街並みや、空、木、海などの自然の風景、風と水の描写など、その繊細でダイナミックな映像は、従来の作品と同様に息をのむような出来栄えロイ完成した京都アニメーションの作品を見ることができるとしているだけでも、外伝の時とは少し異なる複雑な感情が胸に広がっていった、そんな少し引いた時点では開始すぐにはできません “バイオレットエヴァガーデン」の世界に釘付けにした。

(C)暁佳奈京都アニメーション/バイオレットエヴァガーデン製作委員会

特にTVシリーズ10話の事件が全体的に濃く表現されており、その話をリアルタイムで見ていたとき、涙でグチャグチャになった筆者は、劇場版の開始10分に目頭が熱く飲料とマスクの分類を準備していないことを後悔した。

「劇場版バイオレットエヴァガーデン」が予告第2弾2020年9月18日(金)公開

なんといっても描かれる雰囲気が圧倒的である。 平和が訪れて少し時間が経った日常のシーンは、常にどこか明るくなく暖かく、風からの手紙が飛んシーンもどこかすがすがしく感じられる。 展示シーンはバイオレットの回想とそうで回想では、少し印象が違った。 豪雨が降るシーン水滴の描写もすばらしい浸し室内に入ったシーンは、濡れつく服の不快感や湿ぽがまるでその場にいるかのような心境になる。

(C)暁佳奈京都アニメーション/バイオレットエヴァガーデン製作委員会

その劇中に描かれた心が揺れるので、どうしても引っ張られてしまう。 率直に言って、私は “涙”と作品が推戴されるのはあまり好きではない場合は泣かずに感動したい。 「涙」という言葉は、それほど心に訴えている作品ということを表現しているのは分かっているのに涙が出てきたら、画面がよく見えなくなってしまって、感極まっも作品のメッセージをお返ししていないか、それだけでは先行してしまい、「響くこと目的の作品」と誤解されてしまったりすることも悔しい。 しかし、実際には涙がとめどなく流れてしまったと涙が多くの人にメッセージとして「タオルの準備をして」と伝えたい。

TVシリーズで「現在」とは主に紫による展示の回想の「過去」と二時間が交差しながら「人々の心に戦争の傷が残っている話」が展開されてきたが、その時の4年の時間が経った劇場版では、ほぼ完成し、基地局と携帯電話の登場により生活も変わり、「少しずつ回復した人々が、将来の希望に向かって歩き始めた話」とバイオレットが影響を残した、さらにその先の「未来」の物語が展開されていく。

そのような人々が前を向いて始めた中で、バイオレットはギルベルトのリコールは、手紙を書く日々を送る。 心も体も成長して手紙のフレーズも初期レポートと同じ内容に急変して、自分の感情こもった文章を書いている様子で、彼女の「変わった」と「変わらないもの」のコントラストが感じられる印象的な場面である。 そんな彼女が成長することを感じることができる瞬間が、様々なシーンに埋め込まれている。 TVシリーズ10話では、依頼人の娘アンの前では涙をこらえカットいたが、今回の作品では、依頼人の前で目元を軽く拭いて行動をするなど、細かい演出が多いので注目してほしい。

ギルベルトの兄ディート艦隊も多くの場面で登場する。 自分の母親の月の期日に墓の前でボール当てバイオレットについて「ギルベルトの数は忘れろ」と断言した以下の自分も弟を忘れないことを抜きにして謝罪するなど、TVシリーズの最後の話も少し覗かせて、彼の本心とぎこちなさが明確に描かれる。 ラストを迎えるころには、それに対する印象は一転してある。

(C)暁佳奈京都アニメーション/バイオレットエヴァガーデン製作委員会

CHメール社の面々ももちろん登場する。 特にバイオレットを間近見たことが社長ホットジンジュウン出会ったばかりの頃バイオレット記憶今の姿と対比されていたり、同じ年頃の娘を持つ父親の感情に熱心にしていたり​​と過保護化が進み、レアとベネディクトに急いでいる。 掲げた夢に向かって邁進するアイリスとエリカにも注目だ。

今回もバイオレットは、任意の代筆を依頼される。 依頼人は、ユリスという少年に入院している病院から電話をかけてくる。 バイオレットが出るとき、その依頼内容は、「自分の死後に両親と弟に手紙を送ってほしい」ということ。 これらの人々の前では素直になれなく少年は、自分がいなくなった後、大切な家族3人笑顔で生きていってと願っていた。

一方、ベネディクトとホットジンジュウン対象不明になった郵便物が保管されている倉庫を訪問し、今後の方針などを相談している折に一通の手紙を注意する。 そして、その手紙が話を大きく動かしていく。

ユリスの依頼は後バイオレット起きる重要な場面で彼女の自動手記人形の日に心がどのようかが表示されることになる。 ああ、このような部分も変わらなかったんだな注意シーンが多く、やはりTVシリーズを見て返してから劇場版を見ることに注意場面もたくさんあると思う。 筆者もまだ発見されていない場面がもののために数回落ち着いてみようと思っている。

主題歌と挿入歌にも注目ポイントでTVシリーズのオープニングテーマ「Sincerely」で始まり、TVシリーズのエンディングテーマに劇場版の挿入歌である「マイルストーン」劇場版の主題歌「WiLL」、そして劇場版のエンディングテーマ「未来の人に「序盤から目頭を熱くする場面が多く、心も揺れまくりだが、泣いて暇がない作品だ。

Netflixで「外伝 – 永遠の自動手記人形 – 」までの全エピソード配信中

上記のように、今までの内容をすべて勝ちおけば楽しむことができる要素がたくさんちりばめられている劇場版「バイオレットエヴァガーデン」公開日と同じ日に、9月18日からNetflixは昨年劇場公開された「紫は一度も庭園外伝 – 永遠と自動手記人形 – 」独占配信を開始しており、TVシリーズ全13話とBD / DVD第4巻に収録された「Extra Episode」を含むすべてのエピソードが見られる。

細かいところだが、劇場版では、ベネディクト自転車と代謝劇中写真など「外伝」や「Extra Episode」の事件も示唆されているので、復習して見に行ってそのシーンを認識して楽しい。

特に「外伝」は、TVシリーズ以降の出来事が描かれており、TVシリーズと今回の劇場版の中間バイオレットを見ることができ、TVシリーズに登場した自動手記人形を養成する学校の同級生ルクリアとはまた違った雰囲気で孤児はバイオレットと似たような境遇を経験した後に両家の血統をしているので、引き取られ、女学校に入学した少女イザベラヨークと友達のような友情というバイオレットに新しい経験が描かれる。

「バイオレット一度も庭園外伝 – 永遠の自動手記人形 – 」
(C)暁佳奈京都アニメーション/バイオレットエヴァガーデン製作委員会

もともと外伝少し特殊な事情でバイオレットは、自動手記人形ではなく、イザベラの教育界の侍女で女学校に派遣される。 それ快く思っていなかったイザベラが、バイオレットの過去を知って、少しずつ心を開いて友達に接するように間で血がつながっていない妹テイラーの存在と弟を保護するために、「エイミーバートレット」という名前を捨てたことを言う。そして妹の心を込めた手紙をバイオレットが代筆この手紙が作る物語が展開されていく。大きく分けると前編で友情後編からの手紙が握った姉妹の愛情が描かれている。

外伝もその場の雰囲気とキャラクターの感情がひしひしと伝わってくる作品に仕上がって木に囲まれた女学校と寮は澄んだ空気と一緒に少し冷たい感じを与えるの姿でバイオレットと仲良くしながらも、自分の将来を悲観しているイザベラの心情を垣間見ることができる。

一方、イザベラとは数年はまだ若いテイラーCHメールの会社を訪ねてくる部分は明るく、彼女が抱い希望が画面いっぱいにあふれているように感じられる。 また、このようなテイラー世話バイオレットの姿で成長が感じられるのも外伝の魅力である。 是非、劇場版を報告する前に、または見た後2回目、3回目を見に行く前に、京都アニメーションが万全の状態で完成された外伝も見たい。

近くの人や大切な人に伝えたい気持ちを伝えることがあることを……

舞台挨拶の最後に石立監督は「この映画を見た後、自分の近くに人、大切な人に言いたいことを伝えているかどうか考えて受ける作品があればいいなと思っている “とした。

もちろん近くの人に「いつもありがとう」と言うちょっと気恥ずかしいところが度、配信される間に電解おかないと後悔する当たり前のことを正しく認識させることができる作品だった。

筆者に近い人は、親や祖父母と思いながら、心を伝えたい相手になると、やはり制作者の存在が浮かび上がる。 文章で公開するのは少し心配当惑この作品の関係者の方々がこの記事を見てくれるのかわからない、しっかりと感謝の言葉を綴るたい。

原作の夜明けカナさん、石立一監督、キャラクターデザイン・総作画監督の高瀬亜貴子さん、脚本吉田玲子氏をはじめとする京都アニメーションの皆さん、製作に参加した他のスタジオと関係者の皆さんキャストの皆さん、一ファンとして感謝いたします。 素敵な作品に出会い、その最後の章を見守ることができました。 ありがとうございます。 これからも応援しています。

READ  シュガー、6月10日、英国で開催されるG-7サミットのために、日本出発

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close