トップニュース

[리뷰]これが「求める声「プロクオリティのワイヤレススピーカーAIRPULSE「A300 Pro」 – AV Watch

AIRPULSEの「A300 Pro」

「個人購入するアクティブスピーカー」とすると、任意の画像を思い浮かべるだろうか。 「アンプ必要とせず、デスクトップオーディオ」、「音楽制作のためのモニタースピーカー」、「ストリートライブと小規模イベントPA用「……だいたいこんなだろうか。

これら見れば「高いレベルのオーディオを楽しむことができるアクティブスピーカーを選択する」という選択肢がなくても感じられる。 しかし、今回ご紹介するAIRPULSEブランド「A300 Pro」(オープンプライス/実売ペア25万円)は、高度なモニターサウンドをシンプルなシステムに導入することができ、高解像度でBluetoothまで複数のデジタルソースを1つのスピーカーで楽しむことができるような製品である。

AIRPULSEは

AIRPULSEは2004年に設立されたプラチナオーディオシステム会社がブランドのブランドで、香港に本社を置いている。 英国のアコースティックエネルギー創設者でもあるフィル・ジョーンズのR&D(研究開発)の上部にエンジニアのチームを率いている。

フィル・ジョーンズは、1954年にロンドンで生まれ、1980年ヴィータボックススピーカーにエンジニアとして参加した後、1987年に音響エネルギーを設立。 だから伝説の名スピーカー「AE-1」を開発する。 AE-1は、そのアビーロードスタジオでニアフィールドモニタースピーカーに導入されたことが分かった。

1990年には、ボストンアコースティックでリンフィールドシリーズを手掛けた1994年に自身のブランドプラチナオーディオを設立。 1997年には高さ180cm以上の大型ホーン型スピーカー「Platinum Air Pulse 3.1」を開発し、日本のオーディオ協会からゴールデンサウンド賞を受賞した。

自分でもベーシストとして活躍する氏は、2002年にフィル・ジョーンズベースを設立し、ベースのプレーヤーのためのハイファイアンプを開発するなど、音楽方面での活動も見逃せないポイント。 過去には、レコーディングやライブ・エンジニアとして働いていたこともあるという。 2004年のプラチナオーディオシステム会社に参加して、エンジニアにエアパルスブランドを牽引している。

現場で通用するアクティブスピーカー

A300 Proは、DACが内蔵されたアクティブスピーカーである。 フィル・ジョーンズ氏は、カメラを「現場から通用するアクティブスピーカー」に仕上げました。 まずその概要を見てみましょう。

アンプ出力はTwitterでこの10W、ウーファーが120W(一緒あたり)と高出力である。 左右それぞれのケースに高効率低リップル電源とTexas Instrumentの「TPA 3251」デジタルパワーアンプを内蔵。デジタル・インターフェースは、XMOSのXcore-200マルチコアプロセッサとTexas InstrumentのDSPチップ “TLV320AIC3268」で構成されている。

アクティブスピーカーといえば、左右の電源ケーブルはもちろん、音声ケーブルまで、左右にそれぞれ接続していなければならないと思われるかもしれませんが、本製品は、モニターの目的の使用を除いて、オーディオケーブルの接続は、片側だけでOKだ。 Bluetooth接続は、電源ケーブル2本を接続するだけで済みます。 詳細については、後述する。

高域用ホーンロードリボンツイーターを採用

ドライバは、高域用ホーンロードリボンツイッター低域に16.5cmアルミコーンウーファーを搭載。 リボンツイーターはAIRPULSEのすべてのアクティブスピーカーに採用されたトレードマークのような存在。 強力なネオジム磁石でドライブするアルミリボンダイアフラムはワイドレンジで高感度、優れた過渡応答と解像度を持つこと。

綿密に計算された魂の形状に反射による影響を抑制している。 アルミコーンウーファーのボイスコイルは、強力な磁気回路で制御されている50mm径のアンダー応答型。 硬質アルマイト処理が施されたアルミニウム合金コーン振動板を高い直線性で正確に駆動する。 また、モニター機と呼ばれることもあり、愛のネットワークは存在しない。

低域に16.5cmアルミコーンウーファーを搭載

エンクロージャは25mm厚の高強度MDFある。 内部には定在波の吸収のために36mmの厚さの専門吸音素材を配置した。 裏面には楕円形のバスレフポートを採用している。 これは風の音を最小化である。

入力端子の豊富なのも、本製品の魅力。 モニター用途に向けてXLRとRCA入力を左右のスピーカーそれぞれ用意。 消費者向けには、RCAの他、様々なデジタル入力を使用することができる。 ここの入力端子は、右スピーカーに整理されている。

右スピーカーの背面端子部。 SPDIF光/同軸の両方をサポートします。 USB入力も装備している

SPDIF光/同軸の両方をサポートします。 USB入力も装備。 オーディオグレードのUSBケーブルも使用可能なUSB-B端子である(USB2.0仕様)。 有線デジタル入力は、PCM 192kHzまで対応する。 DSDはサポートされている。 テレビ放送などで使用されているMPEG-2(or 4)AACは非対応なのでPCM変換して出力してあげよう。 BluetoothはSBC / aptX / aptX HDに対応する。

モニター用途では、それぞれのスピーカーにアナログケーブルで接続する。 ボリュームも各スピーカーで調整可能である。 直線ではなく、段階式可変。 背面のLEDは数字で表示される。

ボリューム最小で最大にした。 LEDで数も表示される

モニター用途の場合定位とのバランスをより厳密に集まっ必要があるため、あえて左右のレベル差を付ける場合もある。 部屋の形状や家具の配置などを介して音聞こえ方法は異なりますが、リスニングポイントで厳しい検査をすることが主目的である以上、モニター用途ではあえてボリュームを個別に調整できるようにしているのだ。

高域低域イコライザーもスピーカーごとに調整可能である。 シェルビングタイプのイコライザーは高域用±3dB、低域用±6dBの範囲内で調節する。

消費者用途は右スピーカーでオーディオケーブルを接続すると、左右の転送は、無線で行なってくれる。 USB入力は、PCはもちろん、USB-DACの直接接続をサポートしているNASも視野に入れてほしい。

Windows用の専用ドライバは、本国のサイトからダウンロードする。 XMOS系の他のドライバを使用している場合、事前除去することが安心だ。 場合は、輸入業者ゆき無の日本語のサイトにドライバのリンクが欲しいところ。

SPDIF入力(光/同軸)はゲーム機やレコーダー、Blu-ray / CDプレーヤーなどの接続に使用する。 しかし、昨今のゲーム機やTV関連機器は、SPDIF出力の廃止が進んでいる。 ケーブルの評価が音に出やすいアナログ接続に比べてデジタル接続は、低ケーブルも受け側のクオリティによってはまともな音質を楽しむことができますので、時代の流れに物足りなさもある。

付属のケーブル

付属品は写真の通りです。 長細いRCAケーブルが含まれているのはさすがだ。 光デジタルケーブルまで含んでいる。 リモコンは、入力切替とボリュームイコライザー調整が可能である。 しかし、リモコンのボリュームとイコライザはモニター用の入力時(バランスXLR /アンバランスRCA)には使用できない。

リモコン

消費財の入力時には、背面の入力選択をOTHERSと、リモコンのボリュームとイコライザが動作される。 ここでは、モニター用途とは異なり、左右一括して作業することになる。

付属のマニュアルは、海外版の日本語訳思われるが、図を多くして、解説が非常に丁寧で僧侶も自然だった

裏面の入力選択をOTHERSに設定した

左右のスピーカーの間を無線これは便利

本製品の特徴は、なんといっても「左右のスピーカーの間の無線接続」である。 さらに、高解像度対応でロスレスので送球。 電源確保の時点でケーブルが2本、コンセントも2つ使用するため、抵抗がある人もいるかもしれませんが、それだけ使い切るアンプ要らず、DACも必要ない。 箱から出して電源を入れると5秒も経たないうち接続が完了する。 もし接続に問題が発生しても、再ペアリングが可能な安心だ。

ワイヤレス接続は、KleerNetワイヤレスオーディオ技術を使用した非圧縮デジタル伝送である。 無線周波数は5.2GHzスペクトルで送信された22MHzの周波数帯域でオーディオ信号のロスレス伝送を行なっている。 192kHz / 24bitの再生もダウンサンプリングと情報の簡素化は、起こらないようだ。

実際出てきた音は、疑う余地のないロスレスらしさ。 192kHz / 24bitを再生しても音切れはもちろん、左右のタイミングの違いは感じられない。 ソースを再生して、実際に音が出るまでの遅延も感じなかった。 アクティブスピーカーといえばアンプを左右両側に搭載したタイプは、アナログケーブルで接続する必要がし、アンプ側搭載モデルは、スピーカーケーブルを配線なければならないモデルがほとんどであった。 ロスレスワイヤレス接続することは、想像以上に快適だったので、特筆したい。

フロント下側のディスプレイに、選択した入力ソースと音量が表示される

まずモニタースピーカーとして使用表示

で、最終的に、実際の視聴レビューに移してみよう。

まず最初にネットワークプレーヤーの代わりに使用するOPPO Digital Japan」BDP-103DJP」をSPDIF接続で視聴しようと思ったが、曲の開始に来ているわずかな音切れが発生した。同じSPDIF接続ソース機器を変えたらうまくたので、機器側の問題である。

ここでは、モニター用途に使用。 元筆者の防音スタジオで音声だけを扱っており、モニタはほとんどのヘッドフォンしている。 スピーカーを使用するボリューム感の確認と音楽とのミックスバランス、隙間の調整程度だ。 したがって結論アナログ接続ではなく、単価が安価な同軸デジタルケーブル1本でオーディオ・インターフェース「US-20×20」で出力していた。

今回は適当な長さのケーブル(TRS→XLR)もないので、SPDIF接続で視聴した。 AVアンプに結線していた同軸デジタルケーブルもありますが、ギリギリの長さなので、スピーカーまで届かない。 だからSPDIF信号のクオリティと光デジタル変換を兼ねiFi audioの「iPurifier SPDIF」を使用した。光デジタルケーブルは、オーディオテクニカの「AT-EDP1100」である。上記のような同軸→光変換であるが、使用に問題はなかった。

オーディオコンテンツの監視は、音色にクセがなく平らに響きます。 特に欠点もなく、実用上問題がないと感じている。 あえて特徴を挙げると、中音域は音像が太いため、定位感が多少広く気味。 PANを一方的に振り切ってから反対側に動かしていくと、ノーリバーブワンポイント素材も若干音像が脂肪です。 そこが気になるといえば気になるほど。 発声のノイズ(リップノイズなど)は、明らかに知ることができる。 ローカットの所要程度は、低コストで明らかに音の変化が現れるので、低域の特性としては、申し分ない。 コンプレッサーのアタック感の違いもしっかり描写してくれた。

制作側に聞かせるチェック用に十分な性能とすることができる。 今回は試すことができなかったが、XLR / RCAの各スピーカーにそれぞれ接続すると、左右の音量とイコライザを個別に調節することができますので、正確なチューニングにも対応することができる。

これが「求める声」である

続いてSPDIFを介してゲーム機とも接続した。 これから登場する次世代ゲーム機は、SPDIF出力は搭載されていないようだが、「プレイステーション4」と「PS4 Pro」、「Xbox One X」などは、光デジタル出力が可能である。光デジタルケーブルで接続しようとした。また、 AET製の振動吸収シートをPS4 Proと地面の間に横たわっている。

スピーカーが2chですので、元の音声が2ch制作ゲームをプレイしてみた。

日本のファルコムのRPG「ウィンドウ軌跡」。 ED直前のセーブデータから再開スタッフロール〜タイトル画面に戻るまでのクリア後た夢幻回廊ボス戦などを試みた。 まず、低域のタイトさと自然な鳴り方に好感を持った。 低コストはかなり深いところまで響く決して見よよう増量感じではなく、ソースに忠実な様子。 建物がきしむ音と爆発、地響きなどのSEがとてもリアル映像の世界に入ることになる。

いわゆる「低音出ています! “な演出過剰なスピーカーならスピーカーの個性に聴感が引っ張られるかもしれないが、それは全くない。中域から高域通過して、特定のピークやディップは感じられず、極めてモニターライクな音。心配していた金属製の振動板による硬質感はほとんどない正確な音が、無機質わずかサウンドだ。

セリフや音楽の分離も非常に良好である。 SEもこのように微細な音が鳴っていたのかと初めて知った。 大使の帯域バランスはモニタダウンバランスのだ。 音のディテールを生き生きと描いている。 効果音は、解像度が非常に優れており、むしろ見えすぎるほど。 最初は繊細な余りに少し慌てたが、すぐに慣れた。 このクラスのスピーカーをテレビ側に使用するには、堅牢なスタンドまたは入れが必要するが、場所と予算が許せば、生命が長いスピーカーで十分な選択に達するだろう。

最後に、序盤によくない音楽用途に複数いた。 筆者は、NASにSoundgenicを使用している。 USB-DACに直接接続してNASをネットワークプレーヤーの代わりに使用することができるので、みることに。 USBケーブルは、オーディオ・インターフェースで使用される長い特注品(ACOUSTIC REVIVE製)を使用した。

サウンドジェニック

まず、筆者が総合プロデュースを担当する自分の音楽ユニットBeagle Kickの音楽を聴く。 ここの音楽は、レコーディングスタジオのムジークRL904をはじめとするさまざまな環境で複数回聞いてきた音源である。 録音とミキシングの現場に同席している。

まず、全帯域に渡って高い解像感を持っており、楽器の構成で残響減衰空間表現力まですぐモニターに性能を高い次元で魅せてくれる。 音に浸しや曇りなく高域刺激成分は全く非常にきれいな音である。 テンポが遅い早くからしっかりと再現適切に上昇下降。

Beagle Kickの音楽はどれを再生しても、ほとんどのスタジオで聞いたバランスで楽しむことができた。 ややもすると地味な音が、制作側からすると、これが必要とする音、すなわち正しい音することができる。 低域の量感は見た目以上なので、実際の業務で使用するには、部屋や設置環境に合わせて低域(イコライザー)の調整が必要になるかもしれない。 筆者のスタジオでは、基本的な無調整、曲によって-1または-2程度まで下がってくれれば収拾が良かった。

低域の音が良いので、鬼太鼓座」怒涛万里」よりも「鼕がついに “を再生する。

太鼓の重低音お部屋の空気まで変わった気がした。 円クロジュア製作が良いだろう。 見た目よりも低音の再現性に富んでいる。 ケースがビビって中断の音はする。 内蔵アンプのパワーも十分すぎると思いました。 防音室でボリュームを上げて再生したが、まだ上げても余裕のドライブという感じ。 通常の環境では、電力不足はまずないだろう。

続いてホール録音団、飛騨ヴィル東條オーケストラより「飛騨の山の娘」

まず、音場が異様に広く感じる。 スピーカーの左右外側にまで広がっており、見た目よりもダイナミックな音場感はオーケストラ一発録音の音源との相性が良いとすることができる。 音場が広くても、スピーカーの間の音の密度が高いので、中が心配しないでくださいある。 コロナ渦でオケコンしばらく行くことができないので、楽器の舞台配置と天井の高さの描写などに懐かしさがこみ上げていた。 早く生オーケストラを聴きたくなるような再現度が高い出てきた音に感動した。

左右のスピーカーの間隔は170cm程度であるが、より離してもいいだろう。 逆に、あまりにも狭く設定すると、せっかくの音場描写力が縮小してしまったのないと思う。

7月アニメも楽しんでみて

筆者は、AV Watchで毎クール気になるアニソンを紹介する企画をしている。 だから7月期アニメで2曲収録高解像度版を聞いてみた。

[ “메이저 2nd」제 2 시리즈의 OP 테마, 카미 시라이시 모네의 ‘하얀 진흙”48kHz / 24bit]

上白石萌音「白い泥 “

READ  日本、狩猟講師認証システムの構築

一聴してスタジオの音だと思う。 音色的な味と独特の質感を最大限に付かないように調整していることがよくわかる。 ボーカルとベース、スネアなどセンター定位のパーツがとても明確に分離されて聞こえるのが印象的。 ベース音階の流れはわかりやすく、ボーカルも音像が鮮明に描写されて微細なチェックもし容易だ。 左右の楽器群はやや混濁感がありますが、これはミックスの影響も。

[宇崎 짱은 놀고 싶은 OP 주제가, 鹿乃 “달래 Negotiation”96 kHz / 24bit]

鹿乃 “癒しNegotiation」

負の値は非常に多いのすぐ配偶革系のアレンジだが、それは全く引けをとらなかった。 音場は活気も飽和状態感が薄いのだ。 ミックスが良いこともありますが、シンセトラックの解像度も驚くほどのレベル。 自宅スタジオは、一般的な日本のアパートよりも中低域の吸音が抑制されているので、全体の帯域幅が過不足なく耳に感じられる。 リビングルームで聴くとすっきりとした感じの曲が防音スタジオで中低域がエネルギーを過ぎて疲れたこともあるほどだ。 そんな中、この曲では、音が多くの場面でも混濁感が抑制されているのがよい。 合唱「ウー!ウー!」とか「もっと!」が鮮明に聞こえて耳幸せになることができる。

シンプルで中産階級以上のクオリティ

A300 Proはどのくらいの大きさが、重さも15㎏未満の重量級。 実売ペア25万円で楽に購入できる製品ではない。 それを考慮しながら、どのような方にお勧めの最後に記そです。

まず、長く使えるモニタースピーカーで製作用には起きの価値があります。 プロとしてオーディションなしで選択することは困難だろうが、この記事が何かの助けになることを願う。 デジタル入力を備えているのでホームスタジオでの使用は、相性が良い。 家庭で使用すると、業務外でもエンターテイメント用途に使用されるものである。 そのようなときは、DACも必要ない、入力切替するだけで使用できるのは便利だ。 有線から無線まで、様々なデジタル入力に対応しているので、PCやオーディオインターフェイスに加えて、総合あういる。

消費者ユーザーには、アンプもDACも必要とせず、スタジオクオリティの⾳質を1セットで楽しむことができる。 筆者の個人的な⼈的感覚になるが、スピーカー出⾳だけ評価すれば、ペア20万円を超える中流階級以上のクオリティは確かに持っている。 ⼀度挑戦⼊すると、永く使用⽤できる製品だと思います。

デスクトップ〜リビングオーディオまで、設置場所のみクリアすることができれば、接続は非常に簡単です。 高いスタジオモニタークオリティでどの楽曲用途でも安心して楽しむことができるようなスピーカーが登場した。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close