理科

[소식]火星で「巨大な金鉱」が発見される! 一攫千金を求めて火星に向かう人類続出宇宙ゴールドラッシュ時代到来に! – TOCANA

じわじわ計画が進められている人類の火星への進出だが、損益計算の面で火星に行く何か良いことや、「儲け話」が待っているのだろうか? ビジネス指向の人々は気になる部分ですが、なんと火星のクレーターは自然のままの金鉱が放置されているということだ – 。

■火星クレーター周辺部に多数の「金山」

よく仕事が運べばアメリカの「発見」の後新天地となる火星だが、人類が火星に進出した暁には、何か得をすることができているのか。 著名なUFO研究によると、人類の火星への進出に「ゴールドラッシュ」が再燃する可能性がある。

「UFO Sightings Daily」の記事より

台湾に居住するUFO研究がスコットウェアリング氏は最近、自身が運営するUFO研究ブログ「UFO Sightings Daily」に投稿した記事でGoogle Mars火星の地図で「金山」を特定することを報告している。 そうだとすれば、ビジネスの面でも、人類の火星への進出は実に魅力的なものとなる。

ウェアリング氏が発見した「金山」寝ていたのは、火星に多く存在するクレーターの一つ「ロモノソフ(Lomonosov)」クレーターの周辺部である。

[소식]火星で巨大な金鉱が発見されている! 一攫千金を求めて火星に向かう人類続出宇宙ゴールドラッシュ時代到来に! 図2
「UFO Sightings Daily」の記事より

「今日はGoogle Marsを調べた結果、ロモノソフとクレーターで黄色の物質の丘を発見しました。この丘の一つは、長さ12km、幅3.5kmです」(ウェアリング氏)

火星の土壌に、金鉱脈があるだろうか。 ウェアリング氏の考えは違うようだ。

「お金の濃度が高い希少隕石が火星に衝突がクレーターを作ったではないかと思います」(ウェアリング氏)

[소식]火星で巨大な金鉱が発見されている! 一攫千金を求めて火星に向かう人類続出宇宙ゴールドラッシュ時代到来に! 図3
「UFO Sightings Daily」の記事より

隕石の衝突によってロモノソフが形成され、隕石の成分としての金が溶け飛散が「金山」することができたとウェアリング氏は説明している。 そしてクレーター周辺部には、相当数の「金山」がことがGoogle Mars写真からも分かることができる。 火星に大量のお金があれば、かなり魅力的な物語である。

「もちろん、お金は、地球上で必要とされる鉱物の中で最上位の価値があるわけではない遠くからも目立つようにします。いくつかの隕石は、さまざまな量のお金が含まれていますが、これには大量にあります」(ウェアリング氏)

人類の火星への進出後は、西部開拓時代に「ゴールドラッシュ」にそびえ立つアメリカ西部のように一攫千金を求めて火星に行くことが多くなるだろうか。 将来的に火星は人類に名実共に「新天地」になるかもしれない。

READ  写真と一緒に見る新型コロナの強烈な感染第2波と戦う欧州各国の現状(BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close