スポーツ

[소프트 뱅크 우승]「君にホークス19回を… “最初の”胴上げキャッチャー」カイ拓哉が胸に隠す奴さんの言葉 – プロ野球 – Number Web

優勝に向かうラストイチューニング。

例年であれば、地響きのような歓声が一球ごとに高騰が、新しい応援スタイルで楽しめるシーズンでは、少し異なって見えた。 今年は声援代わりに多くの拍手が選手たちの背中を押していた。 これは強力でもあるが、どこか温かみのある雰囲気を醸し出して球場全体を包んでいた。

10月27日ペイペア離島無グラウンドでは、9人のホークスの選手たちの表情もまた輝いて見えた。 そして正捕手であるカイ拓哉は、この試合でも最後の口までマスクを果たしうとした。


「最後にですね、この光景をしっかり目に焼き付けておこうと思っていました。今までにない雰囲気ベンチで体を乗り出す同僚、そして球場360度ぐるりと囲む客を囲まれました。今見ている光景を大切にしたい。そう思っしながら見た “

優勝が決定される瞬間にマスクを着用することができていること。

最後アウトを取れば、はるかに右手の拳を握ってマウンドに走っ投手と熱い抱擁を交わす。 一人のプロ野球選手で、そして捕手にそう幸せではない。

初めての「胴上げキャッチャー」

やりがいは17年から、実質的にレギュラー捕手となった。 ホークスリーグ優勝は今年からであるが、日本は昨年まで3年連続で輝いている。 クライマックスシリーズ優勝も含めると、カイは完全に大舞台の常連キャッチャーある。

しかし、今年の新しい祝福フォームでは、何の表現が難しいがやりがいが「胴上げキャッチャー」がされたのは今回が初めてだった。

3年前にリーグ優勝も毎年クライマックスシリーズも日本シリーズも最後の最後で投手をリードしていたのは、ベテラン隆也裕亮だった。 カイは先発を務めるされ途中交代して歓喜の瞬間は、ベンチから飛び出していくことが常だった。

複数回目撃した」グラウンドで苦しんで悶える姿 “

レギュルロウル保持から昨年まで3年連続でパ・リーグゴールデングラブ賞を受賞している。 サムライジャパンのメンバーでもある。

しかし、やりがいが高く評価されているのは、「キヤノン」の異名を持つ総肩だけだった。 今年もパ・リーグ優勝を決めた10月27日現在の盗塁阻止率.339で堂々とリーグ1位に立っている。

また、あまり目立たないかもしれないが、投手のワンバウンド投球を停止能力は野球界に最もよい。 育成同期入団千賀滉大の幽霊フォークを若い頃からずっと止まってきたおかげなのか、姿勢も軽く、どんなに困難なワンバウンド投球でも、ほとんどの背後に逸らすない。 すべてのボディを伸ばし防止している。 当然、生傷やあざが絶えないグラウンドで苦しんで悶える姿を今年も何度も目撃した。 想像できない激痛に耐えまだ職務を果たす。 その専門的な姿勢に思わずうめき声ことが何回あるか数えることができない。

「四球ヨンバルヌンカイのせい」の声

一方、リードを酷評する場面が少なくなかった。

[다음 페이지]「四球ヨンバルヌンカイのせい」の声

READ  トヨタ:ルマン24時間決勝レポート... TS050 HYBRID 8号車が3連覇!

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close