経済

[스바루 레보구 신형]新開発エンジンは、最新のデジタルコックピット搭載…価格は282万円で| 応答(Response.jp)

SUBARU(スバル)は、10月15日、フルモデルチェンジしたステーションワゴン「レ宝具 “シンヒョンルル発表した。価格は282万ウォンで409万2000円。

2代目となる新型レボ区」より遠く、より速く、より快適で、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承。その上で、最新の技術を結集して「先進安全」、「スポーティ」、「ワゴン価値」を進化させた。

スバルによると、先行予約台数は8月20日から10月14日までの間に8290台に達した。 評価の内訳は、高度運転支援システム「アイサイトX」搭載評価が93%で、先進性が支持されているようだ。発売日は再リリースされる予定である。

360度の検出、安全運転をサポート

新型レボ区広角化した新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせて、360度の検出を実現。 ソフトウェアの性能向上と電気ブレーキブースターを採用することにより、様々なシーンで安全運転を支援する。

側方衝突前ブレーキは見通しの悪い交差点や店舗の駐車場から出荷する際に側方レーダーによって側方から接近する車両を検出します。 衝突の危険があるシステムが判断した場合、警報音や子供のサイトアシストモニターなどで注意を喚起。 回避操作がない場合は、ブレーキ制御をして出会い頭の衝突回避を支援する。 また、センターインフォメーションディスプレイにフロントビューモニターを表示する場合は、側方レーダーによってアクセス車を検出すると、映像の表示器に通知する。

また、フリーの衝突ブレーキの制御だけでは衝突回避が困難な場合は、システムの周りに防止空間があると判断すれば、ステアリング制御も実施衝突回避をサポートします。 緊急車線維持補助は約60km / h以上で走行時、隣接車線の後方車両が接近しているにもかかわらず、車線変更しようとしたか、車線から逸脱ように見えたときの音の表示でドライバーに注意を喚起して、ステアリング操作を補助して車線での離脱を抑制する。

先端運転支援システム「アイサイトX」を採用

高精度地図を活用した新開発の先端運転支援システム「アイサイトX」を採用。一定の条件を満たしている自動車専用道路で、GPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報と3D精密地図データを結合して自車位置を正確に把握する。運転支援機能を大幅に拡張する。

渋滞停止時(0〜約50km / h)は、特定の条件を満たしているし、ハンズ午後とスイッチ操作なし発振が可能となる。 走行中に進入曲線の曲率に合わせて適切な速度を制御します。 料金所の前では、ETCゲートを安全に通過することができる速度まで減速して通過した後のセット車速まで加速する。 高速走行時(約70〜約120km / h)で車線変更もシステムが動作可能であると判断すれば、ステアリングを制御して支援する。

しかし、長時間ステアリングから手を離している場合、システムは判断した場合や、渋滞時ハンズオフアシスト動作中横目や眠気を検出した場合には、ドライバの異常時対応システムが動作します。 警告後もステアリングを握らないことが続いた場合、ドライバに異常が発生したと判断した。 徐々に減速停止し非常灯とホーンで周囲に異常を知らせる。

コネティも機能と衝突安全性能も進化

新型レボ区コネクテッドサービス「SUBARU STARLINK」を採用。 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイとGPS、カー通信機などを搭載し、24時間365日のコールセンターに接続して、交通事故や問題が発生したとき確実、安心してサポートする。

また、万一の事故の被害を最小限にする衝突安全性能も進化。 デュアルエアバッグをはじめ、サイドエアバッグ+カーテンエアバッグとフロント衝突時の足にダメージを軽減する運転席ニーエアバッグ、また、シートベルトによる拘束保護性能を向上させる助手席シートクッションエアバッグを採用する。 また、歩行者保護エアバッグも装備。 歩行者との衝突を検出すると、Aピラーとフロントガラスの下部のような硬い部分を覆うようにエアバッグが展開して、歩行者の衝撃を緩和する。

新開発1.8リッター直噴ターボとスバルグローバルプラットフォーム×全内部フレーム構造を採用

パワートレインは、最高出力177psを発生する新開発1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンとリニアトロニックCVTの組み合わせ。 新開発エンジンは、日常の扱いやすさを重視し、低回転域で300Nmの高トルクを発生。 最新の技術リン燃焼などの採用で、優れた環境性能を実現している。

また、総合安全性能レベルを引き上げて、医師に忠実なハンドリングと快適な乗り心地を実現する「スバルグローバルプラットフォーム」をベースに、体全体の骨格の連続性を高める「フル内部フレーム構造」と笑顔マラ変形を抑制する「構造用接着剤」などを採用。 より高剛性化と軽量化を実現している。

「STIスポーツ」と「STIスポーツEX」は、ドライブモードセレクトを搭載。 スポーツカーのような走行特性を楽しむことができる走行で高級車のような滑らかな乗り心地を重視した走行までスイッチひとつで車のキャラクターを大きく変化させる。 予め設定された4つのモードに加えて、各デバイスの設定を自由にカスタマイズすることができるモードも搭載した。

新しいデザインコンセプト「BOLDER」採用

新しいデザインコンセプト「BOLDER」をスバル量産車初の採用。 レ宝具が持つ個性をより大胆に引き立て “勝手にコントロールする楽しさに」や「先進性」を表現した。

フロントビューは、立体的でワイドに建てられたヘキサゴングリルとシャープな切れ味鋭いヘッドランプの精悍な目つきでスバルらしさを表現。 大胆に突出フェンダーて力強さを感じさせるデザインした。

サイドは大胆な前傾姿勢で切れ上がっ円滑なシルエットとすぐにでも走り出しそうな勢いのある文字列の走行性能を表現。 機能を集約したリアコンビネーションランプは、コンパクトなデザインでシャープな印象を持たせながら、自動車全体のワイドで安定感のある姿とした。

高度なデジタルコックピット搭載

インテリア素材感と機能性の表現にこだわっ高級室内空間を表現する。 パッケージを最適化して、後部座席居住空間の拡大などの性能ワゴンにふさわしい快適性を実現した。

また、既存の広い荷室空間に加えて、大容量のサブトランクを新たに採用。 貨物室の容量を561リットル(カーゴフロアボードの上部492リットルサブトランク69リットル)で積載性能が大幅に向上した。 アクセスキーを携帯してリア六連星飾り肘などの身体の一部を近づけると、リヤゲートが自動的に開くハンズフリーオープンパワーリアゲートも備えている。

コクピットは、タブレット系の大型センターインフォメーションディスプレイと大型フル液晶表示器を採用して、HMI(ヒューマンマシンインターフェイス)を忠実にした。 縦11.6インチセンターインフォメーションディスプレイナビゲーションをはじめ、車両のエアコンの設定、SUBARU STARLINKラジオやテレビなど、様々な機能を内蔵しています。 Apple CarPlay / Android Autoに対応して、アプリケーションを大画面で見ることができ、音声認識による操作も可能である。

子供サイトX搭載グレードは12.3インチのフル液晶表示器を採用。 運転に必要な情報をグラフィカルに表示し、以下の視線移動にすぐに認識することができる。 速度計とタコメーターの2眼表示を「一般的な画面 “、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイのナビゲーション情報と連携する「地図画面」の子供、サイトの関連動作状態を大きく分かりやすく表示する「アイサイト画面」の3つのモードが示された。

READ  バイトダンス、TikTok米国事業での選択を再検討 - 中国政府の介入 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close