World

[아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース – Bloomberg

写真家:Erin Scott / Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はFRBが担当する2台の義務の一つである「最大限の雇用」について「達成への道のりが非常に長いことが明らかである」と発言した。 ニュースで報道されている失業率という数字で判断することはできない」広範かつ包括的な「労働市場の回復には、3年以上の歳月がかかると見ているようです。 以下は、一日を開始する押さえておきたい5つのニュース。

3年の約束

米連邦公開市場委員会(FOMC)は、連邦基金(FF)金利の誘導目標範囲を0-0.25%に凍結少なくとも2023年いっぱいゼロ付近の金利を維持すると出てきた。 期間平均2%のインフレを達成し、中長期的なインフレ期待が2%で適切にとどまり続けるまで「緩和的金融政策スタンスを維持する方針」を表明した。 パウエルFRB議長は今回の声明に反映された新たな政策体系について「金融当局の強い意志が明確になる」と説明した。

ワクチンの春

新型コロナウイルスは、来年4月以前にすべての米国国民に戻ることが可能になりそうだ米厚生省幹部のポールマンゴー氏が語った。 一方、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・化パウチ所長はこの日、来年半ばから年末まで実現される可能性が高いようだと冷水を浴びせた。 トランプ米国大統領は、前日の夜「集団免疫」とするところを「クラスタ心理学」と間違え、群衆心理があれば、感染が自然に収束すると発言政権の混迷姿を浮き彫りにした。

銀行の冬

銀行は、新型コロナウイルスのロック(都市封鎖)に基づいて一時停止した人員削減を再開今年の人員削減数は5年ぶりに最大となる見通しである。 シティグループとHSBCホールディングスが削減を再開したことで、今年これまでに発表された削減数は6万3785人に達した。 これにより、今年の年間では、昨年発表された8万人を超える方向。 昨年の数は、2015年以降で最大だった。

良いスタート

ビッグデータの未ス老朽レイクこの新規株式公開(IPO)を実施してシリコンバレーの巨人たちにも大きな利益をもたらした。 マルチファミリーオフィス(MFO)の象徴的なキャピタルは2017年からス老後レイクに出資して2億4500万ドル(約260億円)を投資して持分12%を取得した。 ス老後レイクはIPO価格の2倍余りに始まりを付け象徴的な株式価値は、かつて80億ドルを超えた。 象徴的な顧客は、マーク・ザッカーバーグ氏とジャック都市氏など有名人がメンバー。

スピードダウン

8月に米国の小売り販売は前月比0.6%増と、予想より成長が鈍化した。 失業保険加算利点と中小企業支援を終了し、新型コロナ流行(世界大流行)が続い経済活動を抑制している。 飲食店や自動車ディーラー、建築資材店、ガソリンスタンドを除くベースコア売上高は前月比0.1%減予想も下回った。

他の注目ニュース

欧州委員会の温室効果ガス削減目標の引き上げを提案 – 2030年までに55%減少(2)

株式市場で21兆円の流出 – 日米年金などJPモルガン試算

OECD、20年の世界成長率見通しをマイナス4.5%に上方修正し

READ  ポリオアフリカで撲滅したとWHOが宣言 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close