世界

[아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース – Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

経済はV字型の回復を果たしたり、K字型に二極化が進んでいることを、あるいは我慢遅いL字型になるか。 国際通貨基金(IMF)は、今回の世界経済見通し(WEO)を発表します。 今年の成長率を「小幅上方」すると見ることができますが、回復の旅は長く困難と警告することがあります。ここでは、一日を開始する押さえておきたい5つのニュース。

加護の光

トランプ米大統領はFOXニュースチャンネルとのインタビューで、新型コロナウイルス感染(COVID19)で発見された自分の免疫のと言明。 ウイルスの「守ってくれる光を身に着けている」と述べた。 トランプでウイルスが感染リスクを主治医は否定したが、検査の結果が陰性または陽性かどうかを言及しなかった。 トランプは、Twitterでも免疫を主張したが、Twitterは「虚偽の情報拡散」に読者に注意を促した。

危機対策と危機後の処理

パンデミック(世界的な大流行)は、経済政策の主役を交換した。金融政策を担当する中央銀行がステージセンターから降りる一方、1970年代のインフレ対策として主役で下車した財政政策この試合の調整役に復帰られる。 投資家が心配しているのは、景気の底割れをようやく防ぎきた財政投入がいつまで持つのかという問題である。 パンデミックまず膨張した財政赤字にどのように対処するかという別の課題も待っている。

やはりトイレ消毒

紙幣とガラス等に付着した新型コロナウイルスは、数週間感染力を維持する可能性があることが、オーストラリアの疾病予防当局の調査で明らかになった。 摂氏20度の環境でガラスとスマートフォンのディスプレイ、ポリマー紙幣(オーストラリアの導入)などつるつるした表面に付着した新型コロナウイルスは、28日の生存インフルエンザウイルスの17日よりも長い。

今後3週間

トランプは最近、米国の世論調査で民主党の大統領候補でも前副大統領の支持率で12ポイントの差が付けられている。 バイデン氏の支持率は54%でトランプが42%。 バイデン氏は、郊外に住む女性の支持率が62%でトランプ(34%)を大きく上回っている。 高齢者のエサウ支持は両者ほぼ互角という結果が出た。

心配しないでください

11月に米国の選挙で民主党が圧勝、キャピタルゲイン(キャピタルゲイン)の税が引き上げも株式市場の下落は一時的な滞在の可能性が高いとJPモルガン・チェースは、分析。 1987年と2013年に同税率が引き上げられた、例えば、株価はいったん下落しても、数ヶ月の間に、元の軌道を回復見込みだという。

他の注目ニュース

トランプの事業に協力200社と外国政府が対を得る-NYT

バレット最高裁判事候補の政策決定と距離を置く方針を強調に

新型コロナウイルス、吸引式や経口式に注目 – 注射よりも効果的

READ  Covid事例がロシアで再び急増し、デルタの亜種で多数

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close