sport

[특별 기고]メッシュ」の選手」として扱い、責任回避を続け言葉。 バルセロナの世界の嘲笑の対象となったコバルト埋め| Goal.com

[유럽 · 해외 축구 칼럼]すべての責任をリオネル・メッシに追われていた現政権がもたらした最悪の悲劇。 数年間で最高の選手の葛藤、そしてバルセロナ脱退決断に至る背景、スペインで唯一無二の存在感を放つサッカー文化マガジン「パネンカ “のぜ・首里アクリル氏が紐解いていく。

2014年、彼に悩みが生じた。 しかし、今ではなくなってしまったティトヴィラノヴァの存在が、バルセロナ脱退を考えて留まるた。

2016年、彼に悩みが生じた。 しかし、その後、冷静に再通電を取り戻し、アルゼンチン代表に復帰することを決意した。

2019年、彼に悩みが生じた。 しかし、バルセロナのキャプテンにアンフィールドで起きた悲劇を埋めてなる信じることにした。

過去にも、彼の頭と心の中に悩みが生じたことはあった。 しかし、これだけ強烈な痛み、悔しい思いを持っていることは一度もなかった。 そして現地時間25日、彼は悩みの末に結論をブロファックス(スペインの内容証明郵便)であり、クラブに通知した。

「私は出て行って」

バルセロナに到着してから20年の歳月が過ぎ、リオネル・メッシは非常に冷淡な方法で、その決定をクラブに発表した。 だけでなく、彼は、違約金7億ユーロを支払うことなく、無料で脱退することを要求しているために、バルセロナは一方的な契約解除の権利が、今年6月10日の段階で廃棄していると反論する事態となった – 。 一体なぜこのようになってしまったのだろうか。

■責任

チャンピオンズリーグ8強バイエルン(2-8)であった歴史的な大敗して、別の我慢の限界を迎えてしまった。 バルセロナは燃え上がった炎の消化に努めたが、彼らは新しい風を送るのではなく、すべての火の粉を浴びせようと灯油をまいてしまった。 そんな中会場のジョセップ・マリアコバルト埋める彼の体に犠牲などはもちろんしないだけでは安全な場所に立っている。 まだ入っているかどうか、空のか分からない灯油タンクのハンドルを握っている。

バルトメオウンわずか1週間前にクラブが合う危機が「スポーツ面」だけのもの断言した。率直に言って耳腐ったような口調だ。高額の無駄(チームの改善につながらなかった10億ユーロ以上の選手補強)は、自己のチームの選手たち名誉を汚す蛮行(「バルサゲート」と呼ばれる衛星アカウントで次期会長候補者は、ピケとメッシュ知るに対する誹謗)ネイ床獲得運営に関する訴訟騒動理事会メンバーの大量流出(4月6人の理事会メンバーが辞任、そのうち一人は、次期会長選挙でコバルト埋める政権の継続路線を引き受けたが、エミリーロウサウスも)、目を開いて見トーチ経営(採算性フィットによるカルラス・ペレスマーククロレジャーの売却久保建英を復帰させることができなかったのは、解明の余地がない)、最近5年間スポ監督が5人の監督が4人の交換…しかし、バルセロナの会長によると、そのようなことが引火の原因はなかったようだ。

しかし、今言い逃れなどできない。 メッシュはさようならを告げてしまったからである。 それは嘆かわしき経営が生んだ悲劇だ。 このクラブの最大の財産で訴訟事件覚悟ブロファックスで脱退の意思を出しているなど、恥ずかしいもの以外のものでもない。 これは、バルセロナでは、組織の思想ないほど痛ましいも深い傷である。 振り返ってみると、理事会にメッシはいつも雨から身を守る傘だった。 しかし、彼はローマのフランチェスコ・トッティのように誇りを胸にひざまづくサポーターの前で涙のタイトルと一緒にキャリアを終えるという夢を果たせなかった。 自分が一番最初にフムポクガされることに対して不満を抱いてしまった。

クラブはここまでルーブ・ゴールドバーグ海流に流されてきたが、最も驚きが少なかったのは、チームのサイクルの終わりである。 たとえば、ネイ床をパリ・サンジェルマンに売却したもので得られた2億2200万ユーロも巨額勝者のプロジェクトのために使用されたものである。 選手たちを引き付けられる監督の招待ベテランとのバランスを取る若い選手たちの獲得と昇格レオメッシのサッカーと、新しい成功を狙うことができただろう。 しかし、実際に起こったことは、それとは正反対だった。 2億2200万ユーロは完全に失敗に終わった補強(デンベレ&コウチーニョ)に送り、また力を絞る知っていた選手たち(の有無ティティ、ラキティッチ、アルバ)との契約延長を締結してエキサイティングな戦闘機の販売機会を逃しカンテラノドゥルを続々と発表して保守的な監督にチームを任せ選手たちに権力を渡した。 そして今季(もう過去のシーズン1)、アンフィールドで劇的な逆転負けで失望に与えた更衣室には、旧リーズのみが加わった、いくつかの期待を持ってではなく、これまでのすべての失敗を集約したようだった。

バイエルンの前後には、まずセティ円以下アビダルと権力が弱い人がクラブを去ることになった。 セティ円の代わりに招待されたのは、ウェンブリーでバルセロナを最初のヨーロッパチャンピオンに導いた英雄クーマン。 彼の就任間もなく「クーマンが◯◯に電話をした」と報道してヴィダル、ルイス・スアレス、ラキティッチ、有無ティティが放出されることが明らかになった。 しかし、メッシはピッチ内外で親しくしていたルイス・スアレスの取扱い、すなわちクラブ得点順位歴代3位のストライカーシンプルな携帯電話で投げつけるのを聞いて、最終的に我慢の限界に達した。 迷いの中にいた県バルセロナのキャプテンクラブ史上最高の選手はそこ倍から降りることを決意したのだった。

■悲鳴

リオネル・メッシバルセロナGFX

ジョン・F・ケネディ米大統領就任会見でこう語った。

「国があなたのために何をしてくれるかを問うものではなく、あなたが国のために何ができるか聞きたい」

今までの政治の世界では使用されず、その後も利用されることがないこの言葉は、壮大なと愛国心(名誉と好戦性も)を含むが、実際には自らの計画を進めてい無能を公開する責任回避の芸術とすることができる。 そしてバルト埋める方式にそっくり適用させることができる。

「バルセロナはあなたのために何をしてくれるかを問うものではなく、あなたが発射のために何ができるか聞きたい」

コバルト埋めるもう何年も前からメッシュにそう要求してきた。 週末ごとに最高の選手として君臨するだけでなく、ピッチの外での小さな火騒ぎも消し止めに来たのだった。 最もシムヘトドンヌンローマ前、リバプール、バイエルンの直後に惨敗したチーム(クラブ)を悲しいポエムのような彼の姿だけで投影させたものである。 チームの競争力が衰退していった要因はいくつかのありますが、悲惨な敗戦の象徴の選択は、一つしかない。 その後、戻ってくる出てくる文句はいつも「私たちは世界最高の選手がいる」が、そのようなことは、メッシュにグチゴウル刺してきたようなものである。 逆に言えば、メッシュはまだ頑固に生きてきた。 愛するクラブを何とかしようと血を流して極めたわけだ。

メッシュを神と信奉するバルセロナは、彼が一人一人のプレイヤーで描く軌跡を無視してきた。 たとえばクリスティアーノロナウドはレアル・マドリードにチャンピオンズ歳連敗時期にすると休暇を付与しながらフィニッシュラインに特化した選手にプレーできるようになった。 ジダン率いる彼の新しい役割を受け入れる力があり、誰もが勝者となった。 振り返っバルセロナは現在、33歳のレオメッシに何をしてきたのだろうか? ドリブル、アシスト、ゴール、先にゲームメイクアップまで…これ以上、バルセロナは悪夢に変わって、アルゼンチン代表と変わらず、攻撃面では、彼が絡んでなければ何も動作することができない。 それでもメッシ依存バルセロナは地に落ちず、ある程度よくなっていき、リーガ優勝もしてきた。 そのタイトルをレアル・マドリードに奪われた今シーズンも彼は得点王&アシスト王に輝いた。 しかしながら、メッシュ自身も疲労が蓄積から、これらのサッカーの限界を認識していたのだ。 「このままではいけない」と公然と何度も口まで至ったのだ。 彼は悲鳴を上げていたのだ。

もちろん、今までのメッシュの業績を汚したい連中もいる。 「お金をもらってもならない」でも「権力を持ってもならない」でも「それに比べて走らようも「でも…まるでメッシがバルセロナに持ってきたのが、そのような批判にリバーシブルようのたまっています。しかし、どのような場合でも、コバルト埋め率いる理事会で15年間35タイトルを獲得したメッシュを真に輝かうとする動き、度胸は全く持っていなかった。それだけなく、クラブはその2-8したのは後に黙りこくりメッシュでブロファックスが到着するまで一切連絡をしていなかった。理事会のメンバーの中にはこれまでのメッシュを売却することにより、自分の能力がないため、生まれた財務上の損失を補うことができると考えている人もいるかもしれない。しかし、メッシュなくメインスポンサーである楽天から今までと同じ金額を受け取るかメッシュなく、これまでのようなだけのユニフォームを販売することができるのだろうか?メッシュなくカンプ・ノウきたい観光客を維持することができるか?彼の脱退は、感情的な損失だけでなく、アカウントの損失であり、空いた穴はそのまま理事会の墓である。

■宇宙の終末

Camp Nou Messiデモ

様々な期待が交差するメッシュとバルトメ呉冷戦は数日間続くだろうが、どのような条件になろうとも合う結末は変わらないだろう。 メッシはバルセロナを出て行くだろう。 彼が家にいるバルセロナを愛していないからではない。 バルサに毒であるだけだコバルト埋める導くイサフェグァ道を一緒にするからである。 地上最高の選手が不満をちらつかせながら、愛するクラブに別れを告げて、より高いレベルのチームでプレーする…こんな悲痛ししかない。

メッシュのような真の勝者はすべてベてを占めるプロジェクトに身を置くことができないことこそ最大の不満であり、彼は数年の間にそれを我慢してきた。 一方、サンドロ・ロセイ次バルトメ憂敷いた政権は、想像もできなかったことを達成した。 彼らは21世紀最高のクラブを、世界の嘲笑の対象になったのだ。 ヨハン・クライフ、グアルディオラもそれぞれの時代に裏口からバルセロナを離れたその極めた付けでレオメッシ脱退は、宇宙の終わりにも同一視結ぶだろう。

文=ぜ・首里アクセ(Roger Xuriach)/スペイン」パネンカ “雑誌:カタルーニャ出身
翻訳=エマ真一

READ  楽天首位追撃キーマンは日本アル31歳キャッチャー? 専門家が立てた併殺スプリント| Full-count | フルカウント - 野球・MLB総合コラムサイト -

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close