世界

[한일 경제 전쟁]「阿部ロス」韓国政界に広がる! 反日闘士も「万感の思いである。一日も早く全快することを心から願っている」:J-CAST会社ウォッチ

「反日」を旗印に掲げてきたムン・ジェイン(ムン・ジェイン)政権に「韓国叩きの元凶」と注目されてきた安倍晋三首相の突然の辞任表明の衝撃だったようだ。

安倍首相と文章大統領は、互いに相手を攻撃することで、国内の支持を高め、互いに「敵対的共生関係のパートナー “(朝鮮日報8月23日)同士だったからだ。

だから、今韓国政界に「安倍ロス」の喪失感が広がっているという。 韓国の新聞で解読する – 。

  • 韓国政界で惜しんで(?)退陣する安倍晋三首相

  • 韓国政界で惜しんで(?)退陣する安倍晋三首相

「阿部が退いた後の喪失感をどのように回復するのか “

安倍晋三首相が辞任表明の記者会見を開き、2020年8月28日、明らかに「安倍ロス」の感情を表現するのは、韓国のムン・ジェイン(ムン・ジェイン)政権の執権で民主党リーゲホ国会議員だった。

リーゲホさんは農林畜産水産族議員である。 特に排他的経済水域の漁業権をめぐる韓国と日本の対立が野党だった朴槿恵(パク・クネ)政権時代から日本の強硬姿勢を主張し、政府のお尻を叩いてきた人物だ。

そんなリーゲホ議員の「喪失感」を朝鮮日報(8月29日)「韓国与党・イ・ゲホ議員「親日派・土着倭寇阿部氏辞任後の喪失感をどのように回復するか」「このように伝えている。

「一緒に民主党の李ゲホ議員は8月28日、日本の安倍首相が辞意を表明したことを受け、「韓国の親日派と土着倭寇たちは安倍首相が退いた後、その喪失感をどのようにのように回復しなければならないのか」と述べた。リーゲホ議員はこの日、フェイスブックに「安倍首相の健康状態は非常に悪いようだ。 チラシ(噂などを集めた情報誌メディア)を中心具体的な病名まで飛び交っているので、深刻な状態であるようだ」と、上記の文を掲載した “

倭寇は13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島と中国大陸の沿岸地域を荒らし回った日本の海賊のこと。 「先住民族の倭寇」は、現在反日運動が活発な韓国で少しでも日本に理解を示し者呼ぶ蔑称である。 リーゲホ議員のフェイスブックに投稿は「安倍首相の退陣に国内のネスティング親日派はきっと失望しているだろう」という皮肉のように見えるが、実際には違う。 朝鮮日報によると、イ・ゲホ議員は、次にこのように書いているからである。

「韓日葛藤を煽った安倍首相が去った。 (退陣表明をする阿部チョンリウル)眺める心情は本当に万感の思いが行き交う。 これまでかなりの韓国国民と政府を悩ませてきたからである “

そして最後に、このように結んだものであった。

「一日も早く健康を回復し、全快することを心から願う。本気である “

これは2016年の当選以来、「安倍憎しみ」の残りの「反日」を政治活動のやりがいとオンリセットゲホ議員自身の「喪失感」以外の何もないだろう。

READ  「アメリカの魂を回復 "バイデン氏が勝利宣言 :東京新聞TOKYO Web

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close