経済

[혼다 N-ONE 신형 시승]乗るほどその良さを実感することができ…マルメ明子| 応答(Response.jp)

1967年ホンダ初の乗用車で生まれ、人々に愛されただけでなく、「自家用車のある生活」の夢を与えた「N360」その思想を現代に継承、2012年に新たな軽自動車として誕生したのが初代「N-ONE」である。

「マンマキシマムメカミニマム」と、「人のためのスペースは、最大のメカニズムは、最小化 “MMは思想を実現しながら軽快で安定感のある良質の走行性能を実現したホンダのようなモデルに支持を得た。

そして今、2代目された新型N-ONEは、時代を超越した普遍的存在を目指すため、日本の「車と人との関係」を根本から見直し、すべての研磨登場した。

あえて招待で「変えないこと」を挙げた2代目

ホンダN-ONEオリジナル
まずデザインは人を中心に考えていた車の形を線で接続した無駄のないシルエットだったN360のデザインを継承して、流行に左右されずに愛される「タイムレスデザイン」を追求。 あえて招待で「変えないこと」を挙げた。

しかし、軽く最初デイタイムランニングライトを含むフルLEDヘッドライトとリアコンビネーションランプなどのアイコンがされたフェイスは、モダンに進化。 全体的にはバンパーの下部に固執ている姿勢でワイド感と安定感を表現したのが印象的だ。

また、過度の演出は控えながらキャラクターが他の3種類を用意。 ヘッドライトに丸い目を強調シルバーリングを採用N-ONE感を磨いた “Original”水平基調の大きな穴グリルとフォグランプガーニッシュモールにクロムメッキをあしらい、高級感を高めた「Premium」ハニカムメッシュグリルダーククロームメッキ枠、ブラック塗装のN-ONEエンブレムなどに精悍な表情を持たせて走りの楽しさを予感させるのが「RS」である。

ホンダN-ONEプレミアムアラホンダN-ONEプレミアムアラ
そして、室内では乗船瞬間 ‘気持ち良い開放感」を表現する。 だから、必要なものだけを残し、残りを大胆に削ります。 自然光の明るさを生かすために上向きに配置したインストルメントパネルは、助手席までゆっくり広げ一般面質で、さまざまな素材に輝く加飾に。 運転席と助手席を外し配置し、その間にドリンクホルダーなどのセンターコンソールを配置して、自然とアクセスユーティリティを実現しながら、すっきり開放感を持たせる。

助手席足元にもゴッソリとパネルを断つように大きなスペースがあり、大柄な人でも楽に座れるスペースとなっている。 また、低床に十分なスペースを確保した荷物は、置き傘や靴などの収納に便利な底の収納も後部座席が5:5に倒れ長いバッグや大きな荷物もしっかり積載可能。 後部座席の椅子をはね上げる高さ荷物も積めるしてショッピングやレジャーにもこなせるようだ。

目に見えないところで大きく変わったメカニズム

ホンダN-ONEプレミアムアラホンダN-ONEプレミアムアラ
今回見た目より大きく変わったのはメカニズム。 心躍る走りを追求するために、パワートレインは、Nシリーズの第2世代の自然吸気ターボエンジンを搭載。 バルブ制御機構VTEC採用で58ps / 65Nmの優れたパワーとWLTCモードで23.0km /ℓの燃費を実現した自然吸気エンジンはCVTと “Original”と “Premium”に搭載。

62ps / 104Nm軽最高のパワーを誇るターボエンジンは、「Premium Tourer」にCVTを設定して、「RS」は、CVTと6速MTも設定している。6速MTは1〜5段のクロス率化した「S660」のギヤ比との組み合わせが爽やかなシフト感覚を引き出しクラッチも高トルク対応で、しっかり感がありながらも快適なクラッチ感が見どころの1つだ。

また、CVTも急速にGが上昇エンジンの回転が直線的に上昇したG-Design Shift制御をN-ONEにセッティング。 構造で検討した軽量・高剛性シャーシと結合性能を存分に発揮できるメカニズムである。

オリジナルとプレミアムアラ…タイヤサイズの変更乗り心地

ホンダN-ONEオリジナル
まず、試乗したのは「Premium Tourer」のCVTモデル。出足でスッと軽やかさがありながら快適なステアリング感覚やシッカリと地上に4リュンガ頑張り感覚の乗り心地が軽自動車とは思えない高級感を感じさせる。エンジンの騒音だけでなく、風の声もよく抑えた静粛性の高さも、そのような高級感を高めているのかもしれない。

また、足は15インチアルミホイール、前の座席で感じる弾力はもちろん、後部座席でも不快な振動が抑制され、非常に快適です。 足と頭のスペースも十分ハイトワゴン程度の広さはないが、例えば、母親と子供脱日常と時々友達を乗せてドライブに移動のような場面でも満足度が高いのが感じた。

ホンダN-ONEオリジナル
次の「Original」に乗り換え、14インチのタイヤを履くこともあり、足元で軽快な感じが引き立つ感じ。 コーナリングもスイスイと機敏になったようで、運動靴で履き替えたような健康的な走りを楽しむことができる。 機器には、ステアリングとシフトレバーが革巻ではないか、エアコンアウトレットのクロムメッキがダブルではなく、シングルがドゥェギドグァ少しずつシンプルになっているが、これはこれで、素朴で心地よい空間である。

ただ、そのような「Original」で電車に、Honda SENSING、駐車場センサーなどの先端安全運転支援システムが標準装備されている。 「軽自動車なので、高いレベルを要求した」というだけあって、衝突安全ボディと歩行者保護ボンネット、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグを標準装備全方位に進化。

ホンダN-ONEプレミアムアラホンダN-ONEプレミアムアラ
電子制御パーキングブレーキも発進時にアクセルを踏むだけで、自動的に解除することができ、停止時のブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持するオートブレーキホールド機能がつくなど、街でチョイ乗りで便利さを実感することができる内容がされている。

人生の友達を選択するようにしたいキャラクターを選択することができ、目に見えない部分で大きな進化を遂げ、脱ほど良さを実感する高い性能を手に持っていること。 新型N-ONEは、まさに流行を追わず、無理せ、「自分らしさ」を大切にする人にぴったり一つになっていると感じました。

ホンダN-ONEオリジナル

■5つ星ホテル
包装:★★★
インテリア/居住性:★★★★
電源:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

マルメ明子/カーライフ記者
映画声優、自動車雑誌「たくましい(Tipo)」の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。現在は、雑誌、ウェブサイト、ラジオのトーク番組などに出演・寄稿するだけでなく、安全・エコドライブ講師も務める。04年・05年はサハラ砂漠ラリーに参戦完走日本カー・オブ・ザ・イヤー審査委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)のメンバー。

READ  中国の株式市場は、材料、不動産株によって重量が低下します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close