スポーツ

かすみ石川、日本の優勝のために仲間のオリンピック選手伊藤米乾く防ぐ

石川カスミは日曜日全国大会女子シングルス決勝で同僚東京オリンピック選手伊藤米乾く破り4トーナメント引き分け干ばつを終えた。

世界9位の石川は、世界3位伊藤に3勝1敗を記録したが、第5戦12勝10敗を抜い丸善インテックアリーナ大阪で4勝3敗カムバック勝利を収めた。 石川の5番目の全国選手権大会でした。

「最後まで熱心に戦うことを決定しました。 久しぶりに戻って優勝になって嬉しいです。」女団体戦で日本のための2つのメダル、2012年のロンドン五輪で銀メダル、2016で銅メダルを獲得した27歳の石川は言った。 リオデジャネイロ。

「東京オリンピックをよく準備して再び全力を尽くす。」

20歳の伊藤はまた銅メダルを獲得したRioチームの一員でした。 二人とも、今年の夏延期された東京オリンピックで、すでにシングル桁を確保した。

コロナウイルスへの懸念でトーナメントは非公開で開催され二つのシングル大会に制限された。 及川水樹(23歳)は、男子決勝で25歳の正隆モリゾーノーを勝ち初の国家のタイトルを獲得した。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  MLB噂:ヤンキースのLuis Castillo推測が撃墜された。 Mets、George SpringerのBlue Jaysリーダー

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close