トップニュース

すべてのKioxia-Western Digital取引は、日本、アメリカで同等のハブを確保する必要があります – シニア議員

2017年1月24日、米国カリフォルニア州アーバインにあるWestern Digitalオフィスビル。 REUTERS / Mike Blake / File Photo

東京、9月17日(ロイター) – 日本のチップメーカーであるKioxia Holdingsと米国の競争相手であるWestern Digital Corp(WDC.O)の合併により、重要な運営が両国間で均等に分割されるべきとの日本の与党の関係者がロイターに言いました。

前経済相兼自民党の影響力のある議員の甘利明(Akira Amari)の発言は、かつて世界をリードしたが、後に隠された半導体産業の残滓を保存しようとする日本の切迫をよく示しています。

アマリは木曜日のインタビューで、「すべてのものをアメリカに持って行くことを許してはならない」と述べた。

「Kioxiaが外国企業は、特に米国の会社と提携を結ぶ場合、少なくとも二つの国で同等の動作基盤を持つ必要があるでしょう。」

具体的には、生産設備を意味するのかという質問にアマリは、この問題が日本の戦略と関連があると答えることを拒否した。

以前にToshiba Memory Corpに知られているKioxiaとWestern Digitalは、半導体のグローバル競争が激化する中で、200億ドルの株式合併の可能性について事前協議を進めています。

Amariは両社が手を握ることが悪い考えではないと思うと言いました。 Kioxia-Western Digitalが結合されると、NANDフラッシュ市場の3分の1を掌握するようになっ韓国のサムスン電子(005930.KS)と対等になります。

自民党の半導体タスクフォースを率いているアマリは「大量規模を持つことが重要である」と述べた。 「規模が大きいほど、研究開発に、より多くの権限を付与し、顧客のニーズの変化をより迅速に把握することができます。 “

Amariの見解は、日本通商部の見解と一脈相通じる。 国防部の消息筋は、最先端の技術が日本に残っているという前提の下でWestern DigitalがKioxiaと合併しようとを支持する準備ができていると言いました。

2018年Toshiba Corp(6502.T)がBain Capitalが率いるコンソーシアムに180億ドルで売却したKioxiaは米中貿易の緊張がKioxiaの最大の顧客のいずれかであるHuaweiを襲った後、IPO計画を保留しました。 KioxiaはまだIPOを検討している言いました。

Kioxiaの約40.6%を保有しているToshibaは、戦略的オプションの少なくとも4つのグローバルプライベートエクイティ会社とは別に議論しています。 また、日本政府が防衛機器や原子炉を作るために財閥を戦略的資産として見ている日本政府の潜在的な懸念の問題でもあります。

Amariは、いくつかの株主が会社に考慮するように圧力をかけるオプションのToshibaを非公開に切り替えることができる可能性について尋ねると、Toshibaの利害関係者は、まず、会社の経営構造がどのように見えるかについて考えなければならないました。

Reporting by Makiko Yamazaki、Kaori Kaneko and Ritsuko Shimizu; Editing by David Dolan and Edwina Gibbs

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、オリンピック選手がCOVID-19陽性反応で健康管理の強化:: WRAL.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close