経済

アジアの供給がスムーズではなく、日本の工場生産が増加しています。

日本の工場生産は10月に小幅上昇し、3ヶ月間の下落を終え、コロナウイルスのオミクロン変種出現前にグローバルサプライチェーン危機が緩和された可能性があるという信号を追加しました。

自動車と工場設備の生産増加で全体生産量が9月より1.1%増加したと経済部が火曜日報告した。 メーカーは今月と来月に再び生産量を増やす計画だと明らかにした。 これは今四半期の日本の回復の良い兆候です。 アナリストは10月に1.9%増加すると予想した。

別の報告書によると、失業率が2.7%に下がり、提案された職位を示す労働者の需要測定値は依然として求職者より多い。

日本の製造業の成長とポジティブな生産予測は、アジアのサプライチェーンの不足が緩和される可能性があるというより多くの証拠を提供しますが、コロナウイルスのオミクロン亜種は、最悪のシナリオが成長を阻害する閉鎖に戻る必要があるという恐怖を再点火しました。

日本が火曜日の新規外国人入国者に対して国境を閉鎖したが、これは日本が事例数が急減する中で制限を緩和してわずか数週間で行われた措置である。

Itochu Research Instituteの経済学者であるAtsushi Takedaは、「オミクロンが日本で発見され、より多くの制限を引き起こすと回復の軌跡を変えることができますが、これまではそのようなことは起こらないようです」と語った。 「9月が生産の底だったようだ」

黒田春彦日本銀行(BOJ)総裁は、月曜日、日本経済が今後数ヶ月以内に成長を回復すると予想すると述べ、オミクロンの登場が彼の見通しを大きく変えなかったことを示唆した。 アナリストらは、サービス部門に対する制限がほとんど解除され、予防接種率が75%を超え、今四半期に日本の回復が再開されると予想しています。

「ASEANのウイルス事例の減少がサプライチェーンの問題を緩和し始め、工場の稼働率が徐々に回復し、11月に生産が加速すると予想しています。 しかし、チップの欠如は依然として障害物になる可能性があります。 益島優紀(Yuki Masujima)エコノミストは「中国の景気鈍化も輸出と生産に負担をかけ続けるだろう」と話した。

10月の生産増加はアジアの部品不足が緩和し始め、4カ月ぶりに自動車生産量が増加して発生したと国防部関係者が語った。

Toyota Motor Corp.の報告書によると、同グループは先月の国内生産量を約22%増加させましたが、自動車会社のグローバル生産量は依然として2020年レベルで4分の1以上減少しました。

火曜日の報告書で調査されたメーカーは、今月9%、12月に2.1%の生産量をさらに増やす計画だと述べたが、報告された計画は過度に楽観的な傾向があり、この調査はオミクロンが発見される前に行われた。

半導体供給も引き続き問題となっている。 今週のインタビューで、日産モーター株式会社の上田真吾社長は、同社は会計年度下半期に部族から回復すると予想していたが、今はあまり楽観的ではないと述べた。 同社は今月続く部品不足により今年の販売計画を60万台縮小した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  中国の人口はFTレポートに反論し、「早い2022年に「減少すること

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close